TitanFXのスプレッド一覧|FX/CFD・ブレード口座の海外FX業者比較

「TitanFX スプレッド」のアイキャッチ画像

TitanFX(タイタンFX)はスプレッドも狭く、ディーリングデスクを介さないNDD方式の海外FX業者として信頼性の高い業者です。

取引可能な商品にはFX取引以外にもコモディティ・貴金属・エネルギー・株価指数などのCFD取引も可能です。

それではTitanFXのスプレッドについて詳しく解説していきます。

億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名様限定】
無料EAの10月・9月の成績
  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 検証期間:2003年〜2019年

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

TitanFXが提供するスプレッドについて

スプレッドの説明

スプレッドとは、上記画像のように売値と買値の間の価格差のことを指します。

国内・海外FX業者はこのスプレッド分を取引手数料として受け取ることで利益をあげています。

投資家にとってはスプレッドが狭いほうが利益を低コストで利益を上げやすくなります。この点TitanFXはスプレッドも狭い業者として有名です。

なぜTitanFXが狭いスプレッドを提供できるのか平均スプレッド一覧を紹介する前に簡単に解説します。

低スプレッドを提供できる理由
  • 約50の主要銀行やリクイディティプロパイダーの中からベストなレートを投資家に提供できる
  • 「Zero Point」と呼ばれる最先端ITテクノロジーの取引環境を導入
  • Equinox NY4データセンターを使用

要するにレートを提供しているリクイディティプロパイダー提携先がたくさんあり、世界最大のデータセンターかつ金融インフラにも強いEquinix社と提携することで最良の取引環境を投資家に提供しているということです。

メジャー・マイナー通貨ペアの平均スプレッド一覧

TitanFXのスプレッドイメージ

メジャー通貨ペア・マイナー通貨ペアの平均スプレッドをスタンダード口座・ブレード口座に分けて一覧にまとめています。

掲載のスプレッドは全てTitanFXの公式サイトを参考に作成しています。

ブレード口座は、スプレッドが狭い代わりに1Lot(10万通貨)の取引手数料片道3.5$(往復7$)がかかるので、ブレード口座のスプレッドは手数料を加味したスプレッドを掲載しています。

FX メジャー通貨ペア
通貨ペアスタンダード口座ブレード口座(往復手数料0.7pips相当を加味)
USD/JPY(ドル円)1.33pips1.03pips
EUR/USD(ユーロドル)1.2pips0.9pips
EUR/JPY(ユーロ円)1.74pips1.44pips
GBP/USD(ポンドドル)1.57pips1.27pips
GBP/JPY(ポンド円)2.45pips2.15pips
AUD/USD(オージードル)1.52pips1.22pips
AUD/JPY(オージー円)2.12pips1.82pips
USD/CHF(スイスフランドル)1.92pips1.62pips
CHF/JPY(スイスフラン円)2.31pips2.01pips
USD/CAD(カナダドル)1.55pips1.25pips
CAD/JPY(カナダ円)2.1pips1.8pips
NZD/USD(ニュージーランドドル)1.86pips1.56pips
NZD/JPY(ニュージーランド円)2.62pips2.32pips
FX マイナー通貨ペア
通貨ペアスタンダード口座ブレード口座(往復手数料0.7pips相当を加味)
AUD/CAD2.51pips2.21pips
AUD/CHF2.41pips2.11pips
AUD/NZD3.03pips2.73pips
CAD/CHF2.64pips2.34pips
EUR/AUD2.75pips2.45pips
EUR/CAD1.1pips〜2.4pips3.1pips
EUR/CHF2.04pips1.74pips
EUR/GBP1.53pips1.23pips
EUR/NZD4.69pips4.39pips
GBP/AUD3.94pips3.64pips
GBP/CAD3.86pips3.56pips
GBP/CHF3.32pips3.02pips
GBP/NZD5.81pips5.51pips

参考:TitanFX|業界最狭スプレッド

FXエキゾチック・欧州通貨ペアの平均スプレッド一覧

SGD(シンガポールドル)やZAR(南アフリカランド)などのエキゾチック通貨ペア、TRY(トルコリラ)やNOK(ノルウェークローネ)などの欧州通貨ペアの平均スプレッドをまとめています。

それぞれ下記の項目をクリックするとスプレッドを確認することができます。

FX エキゾチック通貨ペア
通貨ペアスタンダード口座ブレード口座(往復手数料0.7pips相当を加味)
AUD/SGD3.55pips3.25pips
CHF/SGD5.95pips5.65pips
EUR/CZK13.53pips13.23pips
EUR/SGD5.18pips4.88pips
EUR/ZAR8.01pips7.71pips
GBP/SGD6.48pips6.18pips
GBP/TRY27.43pips27.13pips
NZD/CAD4.24pips3.94pips
NZD/CHF3.99pips3.69pips
SGD/JPY3.16pips2.86pips
USD/CNH9.28pips8.98pips
USD/CZK61.8pips61.5pips
USD/MXN4.52pips4.22pips
USD/RUB801pips800.7pips
USD/SGD3.37pips3.07pips
USD/THB3.22pips2.92pips
USD/ZAR36.69pips36.39pips
ZAR/JPY1.44pips1.14pips
FX 欧州通貨ペア
通貨ペアスタンダード口座ブレード口座(往復手数料0.7pips相当を加味)
EUR/NOK70.02pips70.72pips
EUR/PLN21.31pips21.01pips
EUR/SEK30.73pips30.43pips
EUR/TRY26.92pips26.62pips
GBP/NOK87.57pips87.27pips
GBP/SEK57.73pips57.43pips
NOK/JPY2.07pips1.77pips
NOK/SEK2.49pips2.19pips
SEK/JPY3.05pips2.75pips
USD/NOK41.47pips41.17pips
USD/PLN3.24pips2.94pips
USD/SEK29.25pips28.95pips
USD/TRY11.57pips11.27pips

メタル・エネルギー・株価指数CFDの平均スプレッド一覧

TitanFXではメタルやエネルギー、株価指数などのCFD取引も可能です。

ブレード口座におけるCFD取引は往復手数料が1lot0.6$(0.06pips相当)になり、ブレード口座の平均スプレッドにこの0.06pipsを加味して掲載しています。

それぞれ下記の項目をクリックするとスプレッドを確認することができます。また、記載の平均スプレッドは、全てTitanFXの公式サイトを参考に作成しています。

メタル
取引ペアスタンダード口座ブレード口座(往復手数料0.06pips相当を加味)
XAU/EUR(XAU=Gold)2.39pips2.33pips
XAU/USD2.23pips2.17pips
XAG/EUR(XAG=Silver)2.73pips2.67pips
XAG/USD2.13pips2.07pips
XPD/USD(XPD=Palladium)30.12pips30.06pips
XPT/USD(XPT=Platinum)30.12pips30.06pips
エネルギー(原油・天然ガス)
取引ペアスタンダード口座ブレード口座(往復手数料0.06pips相当を加味)
XBR/USD(XBR=ブレント原油)0.71pips0.65pips
XTI/USD(XTI= WTI原油)0.69pips0.63pips
株価指数CFD
銘柄スタンダード口座ブレード口座(往復手数料0.06pips相当を加味)
US500(S&P 500)0.16pips(1.6 Index Point)0.1pips(1.0 Index Point)
US30(Dow Jones 30)0.22〜0.42pips0.16〜0.36pips
GER30(DAX30)0.22pips0.16pips
UK100(FTSE 100)0.22pips0.16pips
NAS100(Nasdaq 100)0.32pips0.26pips
JPN225(日経225)0.82〜0.92pips0.76pips〜0.86pips
FRA40(CAC 40)0.22pips0.16pips
EUSX50(Euro Stoxx 50)0.32pips0.26pips
AUS200(ASX200)0.22pips0.16pips

TitanFXとその他の海外FX業者スプレッド比較

海外FX業者のロゴ

TitanFXのスプレッドがどれくらいの狭さなのか他の海外FX業者と比較していますので、参考にしてください。

通貨ペアTitanFX(ブレード口座)XM(ゼロ口座)HotForex(ゼロスプレッド口座)Axiory(MT4ナノスプレッド口座)
往復手数料
(pips相当)
0.7pips1.0pips0.8pips0.6pips
USD/JPY1.03pips1.1pips1.0pips1.0pips
EUR/USD0.9pips1.1pips0.9pips0.9pips
EUR/JPY1.44pips1.4pips1.6pips1.2pips
GBP/JPY2.15pips2.2pips2.2pips1.7pips
GBPUSD1.27pips1.3pips1.2pips1.1pips
AUD/JPY1.82pips2.2pips2.2pips1.4pips
AUD/USD1.22pips1.4pips1.6pips1.2pips

海外FX業者最大手のXMと比較するとTitanFXの方が、狭いと判断することができます。

スプレッドの狭さは、Axioryに若干劣りますが、価格レートを提供するリクイディティプロパイダー先がAxioryの場合12社なのに対し、TitanFXは約50社のため最良のレートを常に提示することができます。

取引環境の優秀さという観点から見ればTitanFXに軍配が上がりそうです。

Axioryも情報開示を積極的に行っている信頼性の高い業者なので、気になる方は下記の関連記事を参考にしてください。

TitanFXのスプレッドの広がりやすいタイミング

TItanFXのスプレッドが広がるタイミング

TitanFXのスプレッドは固定ではなく、変動制となっているので、相場の状況に合わせて変動します。

その中でも特にスプレッドが広がりやすいのが、早朝6〜8時FOMCや雇用統計などの重要経済指標発表時です。

上記の画像は、週明け早朝7時40分頃のスプレッドと相場が安定した午前10時40分頃のスプレッドをブレード口座で比較したものです。

赤枠で囲まれた「!」がスプレッドで単位は1=0.1pipsです。

どの通貨ペアも4〜8倍以上に広がっているのが分かります。ブレード口座なのでこのスプレッドに往復手数料が必要になります。

まとめ

ここまでTitanFXのスプレッドをFX取引、CFD取引、口座タイプに分けて解説してきました。

基本的にスタンダード口座とブレード口座がありますが、ボーナスが一切ないTitanFXでは今の所ブレード口座を選択する方がコストも低く抑えることができます。

口座開設する際はブレード口座をおすすめします。以上の内容が、読者の方の参考になれば幸いです。

億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名様限定】
無料EAの10月・9月の成績
  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 検証期間:2003年〜2019年

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

TitanFXの静止バナー
  • 業界トップクラスの約定力
  • ノーディーリングデスク(NDD)方式
  • 最速ティア1の金融インフラ
  • 狭いスプレッド
  • 最大レバレッジ500倍
  • VFSC金融ライセンス保持