GemForexの評判・口コミを調査した結果|安全性&信頼性17項

「GemForexの評判」アイキャッチ画像

GemForexはボーナスが豪華で、スプレッドが狭く、レバレッジも1,000倍の好条件の海外FX会社であることは知っていますか?

いいことづくめのGemForexですが、実際にトレードを始める前に心配すべき点はないのか気になるポイントを解説しています。

中国人のイラスト画像
アル
GemForexって怪しくネ?怪しくネ?私怪しいところは使いたくないアル
インベスターのイラスト画像
インベスター
わかりました。XMの次に人気のGemForexについて次のポイントがわかるよう解説していきますね
ここがわかる
  • GemForexの怪しい部分がわかる
  • あなたの求めている取引環境に合っているかわかる
  • 12個のメリットと5つのデメリットがわかる
  • 実際の口コミを参考にできる
億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名様限定】
無料EAの10月・9月の成績
  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 検証期間:2003年〜2019年

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

GemForexってどんな会社?

GemForexの印象

そもそもGemForexはどのような会社なのか確認してみます。

項目概要
会社名GEM GROUP NZ LIMITED
本社住所Level 1, 275 Onehunga Mall, Onehunga,Auckland
オフィス支社香港、UK、バヌアツ、ベトナムサポートセンター
設立年2010年6月25日
NZ金融ライセンス番号FSP564306
資本金$100,000,000
代表取締役Marvin BUENO
取締役Junichi Aoshima, Masaaki Ueda, Yuji Todoroki
社員数52人
企業理念「全ては最高の投資環境をお届けするために」

意外と知らない方も多いと思いますが、経営陣4人の内3人が日本人でスタッフの半数も日本人という日本製のFX会社という特徴があります。

サポート力やサービスの充実度などが評価され、2016年以降に「ベストアジアブローカー賞」や「ベストブローカー賞」などの受賞歴もあります。

GemForexを使う12のメリット

それではGemForexを利用するとどのようなメリットがあるのか13項目に分けて詳しく解説していきます。

メリット
  • 運営歴9年と金融ライセンス保持の信頼性
  • リクオートと約定拒否なし・0.78秒以内に99.79%が約定
  • 出金拒否なし
  • 選べる2つの口座タイプ
  • 1000倍のレバレッジ
  • ゼロカット採用
  • 海外FX業者の中でも優秀な低スプレッド
  • 豪華なボーナス
  • 入金・出金手数料無料
  • 33種類の通貨ペアとCFD取引に対応
  • 150種類以上の豊富なEA・ミラートレードも可能
  • 日本語対応でサポートが充実

GemForexの信頼性について

gemforexの経緯

GemForexは2010年の6月25日に設立され、9年の運営歴があります。この運営歴は海外FX業者大手のXMと1年しか変わりません。

最初はFX自動売買ソフトの無料提供サービス「ゲムトレード」を展開し、2013年にはミラートレードサービスを提供していました。

2014年10月に現在の「GEM GROUP NZ LIMITED」に運営権が移り、「GemForex」としての活動がスタートしました。

ニュージーランド金融ライセンスの取得

GemForexがFSPRに登録している証拠画像

2017年7月にGemForexはニュージーランドFSPRに登録しています。

以前は金融ライセンス未所持ということでかなり信頼性の部分に心配がありました。ニュージーランドのFSPRに登録したことで信頼性も良くなってきています。

ただ注意点が1つあり、ニュージーランドの金融監督機関は「FMA(Financial Markets Authority)」であり、「FSPR(Financial Service Providers Resister)」ではありません。どちらもニュージーランドの公的機関ですが、FSPRだけの登録であれば、比較的容易に行うことができます。

今後「FMA」への登録審査をどうするか引き続き、確認していきたい部分ですね。

参考:FSPR

リクオートと約定拒否なしで優れた約定力

リクオートや約定拒否がある場合、快適な投資環境を築くことはできません。リクオートとは注文したのにもかかわらず約定しなかったり、異なるレートを再提示してくる現象を言います。

GemForexでは投資家が意図したタイミング、価格での注文ができるようリクオート・約定拒否の追放を宣言しています。

0.78秒以内に99.79%が約定されるスピードと約定力があるのも魅力の1つと言えます。

出金拒否はない?

海外FX業者を利用する上で最も心配なのが出金拒否です。運営歴が浅いブローカーの中には投資家の資金を出金拒否にして、持ち逃げするような悪徳業者もあります。

GemForexの場合、9年という運営歴とともに信頼性を築いてきました。出金拒否があればそれが広まり、信頼を一気に無くします。今の状態でGemForexが出金拒否をするのは、非常にリスクが高い行為と言うことができます。

ただ過去には、投資家が規約に反するトレードや不正を行い、GemForexが出金拒否を行ったことはあるようです。GemForexでは次のような行為は禁止行為とされています。

  • 2業者間または異なる複数口座間での両建て取引(同一口座であれば両建て可能)
  • 経済指標発表時など相場の急変動のみを狙い、悪質と判断された場合
  • 事前連絡なしの大きなロットでの取引
  • ボーナスの不正利用
  • 虚偽の内容で登録する
インベスターのイラスト画像
インベスター
10ロットを超えるような大きな取引をする場合は事前連絡しましょう。私自身合計9ロットのトレードをした時は事前連絡なしでも出金はできました。実際にSNS上での口コミも確認してみましょう。

XMほどの信頼性はまだSNS上ではないですが、問題なく出金ができたという方も多い印象です。

GemForexの出金拒否について、公式サイトの回答や出金できない原因などを下記関連記事で詳しくまとめています。

オールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座タイプ

GemForexは投資家の目的に合わせて選択できるように「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」という2種類を用意しています。

レバレッジ5000倍口座もありますが、定員オーバーで開設することはできません。GemForexの公式サイトを参考に口座タイプの特徴をまとめてみました。

口座タイプオールインワン口座ノースプレッド口座
最低入金額100円〜30万円〜
ボーナス口座開設ボーナス・入金ボーナスありボーナスなし
取引可能商品FX/CFDFXのみ
主要通貨のスプレッド1.4pips〜0.0pips〜
手数料無料無料
レバレッジ1,000倍1,000倍
ゼロカット
1ポジションの最大ロット数30lot30lot
最低ロット0.01lot0.01lot
利用制限裁量/EA/ミラートレードが可能裁量トレード専用口座

ノースプレッド口座はスプレッドがかなり狭いのが魅力ですが、最低入金額が30万円〜、ボーナスはなし、EA・ミラートレード非対応、CFD取引非対応というデメリットもあります。

最高水準の1000倍レバレッジ

海外FX業者の中でも最大レバレッジ1,000倍はなかなかありません。

大手XMでも最大レバレッジ888倍で口座に預けている証拠金の額によってはレバレッジに制限がかかります。簡単に他ブローカーとの比較表を作成したので参考にしてください。

海外FX会社最大レバレッジ証拠金制限(万円)
GemForex1,000倍200(制限後レバレッジ500倍)
XM888倍200(制限後レバレッジ200倍)
Tradeview500倍200(制限後レバレッジ200倍)
TradersTrust500倍50(制限後レバレッジ200倍)
Titan FX500倍なし
Land-FX500倍500(制限後レバレッジ200倍)
Axiory400倍1,000(制限後レバレッジ300倍)

口座に預けている資金額によってはレバレッジに制限をかけているブローカーが多いです。

表ではレバレッジ制限が最初にかかる証拠金額を掲載していますが、証拠金の額が増えるに従い、レバレッジ制限が厳しくなるブローカーもあります。

この点、GemForexは200万円からいくら預けても制限後のレバレッジは500倍なので、海外FX会社の中でもかなり優秀です。。

ちなみにGemForexのレバレッジは、1,000倍で固定されており変更はできません。実効レバレッジはロット数で管理する必要があります。

ゼロカットシステム採用でロスカット水準も20%

海外FX業者を利用する1番のメリットはゼロカットが採用されていることです。

重大な経済イベントや恐慌による暴落で決済ができなくなったり、意図したところとかなり離れたレートで決済がされることがあります。これにより許容範囲を逸脱した損失を出してしまうことがあります。

ご存知の方も多いと思いますが、国内証券はこのような場合でも追証という形で損失を請求します。追証はいわば借金ですので必ず支払わなければなりません。

ですがGemForexの場合、ゼロカットシステムが採用されているので、口座に預けていた資金以上に損失を出すことはありません。

ロスカットも証拠金維持率20%を下回った場合なので一般的な水準と評価することができます。では、実際にゼロカットは実行されるのかSNSの口コミを確認してみます。

ゼロカットされなかったという声はありませんでした。口座残高がマイナスになってから60分以内に口座残高が0にリセットされます。

海外FX会社の中でもスプレッドが狭い

GemForexは「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」でスプレッドが異なります。

GemForexは変動スプレッド制なので固定ではありません。オールインワン・ノースプレッド口座に関しては、往復手数料などはかかりません。

ノースプレッド口座のようにスプレッドが狭い口座タイプの場合、他ブローカーでは1取引毎に手数料がかかる場合がほとんどです。

しかし、GemForexのノースプレッド口座は取引毎に手数料はかかりません。これは1つGemForexを利用する最大のメリットということができます。では、それぞれのスプレッドを確認してみましょう。

中国人のイラスト画像
アル
すごいアル!取引手数料がかからないのはすごいアル!

オールインワン口座とノースプレッド口座のスプレッド

GemForexオールインワン口座のスプレッドGemForexノースプレッド口座のスプレッド
メジャー通貨ペアオールインワン口座ノースプレッド口座
USD/JPY(ドル円)1.3pips0.3pips
EUR/USD(ユーロドル)1.3pips0.3pips
EUR/JPY(ユーロ円)1.4pips0.5pips
GBP/JPY(ポンド円)1.8pips1.0pips
GBP/USD(ポンドドル)2.2pips1.3pips
CAD/JPY(カナダ円)2.0pips1.2pips
USD/CAD(ドルカナダ)2.0pips0.8pips
AUD/JPY(豪ドル円)1.6pips0.6pips
AUD/USD(オージードル)1.5pips0.3pips
CHF/JPY(スイスフラン円)2.1pips1.5pips
USD/CHF1.9pips0.3pips

基本的にノースプレッド口座の方がスプレッドが狭いですが、「ボーナスなし・初期入金額が30万円〜・EAとミラートレード非対応・CFD取引非対応」などのデメリットもあります。

GemForexのスプレッドについては、「GemForexのスプレッドは狭い!|一覧表&早朝など広がる時間も」で全ての通貨ペアのスプレッド一覧やスプレッドの広がるタイミングを解説しています。

他の海外FX業者とのスプレッド比較

GemForexのスプレッドは他のブローかと比べてもかなり狭いスプレッドです。では、実際にメジャー通貨ペアで比べた場合はどうか下記の表を確認ください。

※オールインワン口座での比較です。

通貨ペアGemForexXMTitan FXTradeview
USD/JPY(ドル円)1.3pips1.6pips1.33pips1.8pips
EUR/USD(ユーロドル)1.3pips1.7pips1.2pips1.7pips
EUR/JPY(ユーロ円)1.4pips2.5pips1.74pips1.9pips
GBP/JPY(ポンド円)1.8pips3.9pips2.45pips1.6pips
GBP/USD(ポンドドル)2.2pips2.4pips1.57pips1.4pips
AUD/USD(オージードル)1.5pips1.9pips1.52pips1.5pips

参考:XMTrading|FX取引Titan FX|スプレッド

GemForexの口座開設ボーナスと100%入金ボーナスについて

GemForexのボーナスイメージ

GemForexでは、口座開設時と入金時にボーナスがもらえます。キャンペーン開催期間中に口座開設または取引口座への入金をする必要があります。

ボーナス自体の出金はできないですが、ボーナスを利用して実際に取引できます。利益分は出金可能です。

GemForexのボーナスは豪華でキャンペーンなどの期間にもよりますが、口座開設ボーナスが「¥10,000〜¥20,000」、入金ボーナスが入金額に対して100%ボーナス付与などがあります。

入金ボーナスの例をあげると、50万円入金すると50万円分のボーナスが受け取れるというものです。過去に行ったものの上限は500万円でした。

ただし、100%入金ボーナスはキャンペーン開催期間の抽選に当選する必要があります。キャンペーン期間は3日間ほどという場合が多いです。

所感では、3回に1回程度の当選が多い印象です。ですので入金ボーナスを受け取るためには、当選した日に入金するのが良いです。

キャンペーンの開催期間に関しては、公式サイトやGemForexからのお知らせメールを確認するといいです。下記のSNS口コミも参考にしてください。

やはり入金ボーナスについては「当選した」という声と「外れた」という声があるようです。

私自身は、入金ボーナスキャンペーン期間に3回ほど当選したので、全く当選しないということはなさそうです。

GemForexのボーナスについては、下記の関連記事でさらに詳しく解説しています。

GemForexでは入金・出金が無料

入金・出金の方法ロゴ

振込手数料や外貨取扱手数料などの入金にかかる費用と出金にかかる一切の費用はGemForexが負担をしてくれます。

以前は、月に回数制限などを設けていたようですが、無制限で手数料負担を行ってくれています。

ただ出金に関しては例外があります。例えばボーナスのみの取引で上げた利益を出金する場合入金してから一度も取引せずに出金する場合は、出金手数料¥4,500が自己負担になるので、この点は事前に認識しておく必要があります。

入金の方法

GemForexでは、主に以下のような入金方法があります。以下は、GemForex公式サイトを参考に作成しています。

種類最低入金額反映時間
銀行送金¥1,000入金確認後即時
クレジット決済(Visa,Master,アメックス,DINERS Club,DISCOVER)¥5,000即時
ビットコイン決済0.01BTC即時
Ethereum決済0.1ETH即時
PayPal決済¥10,000即時
PerfectMoney決済100USD即時
MegaTransfer決済¥10,000即時
PAYEER決済100USD即時
UnionPay,中国国内銀行,Wechat決済500CNY即時
bitwallet決済¥10,000即時
STICPAY決済¥5,000即時
FastPay(中国国内銀行決済)¥5,000即時
ZOTAPAY(MASTER/JCB,中国国内銀行決済)¥5,000即時

一部メンテナンス中のものもありますが、かなり多くの入金方法が用意されています。

出金の方法

出金方法は入金方法ほど多くはないですが、以下の方法で出金が可能です。

種類最低出金額反映時間
銀行送金1円3〜5営業日
ビットコイン決済0.1BTC1〜3営業日
bitwallet決済1円1〜3営業日

GemForexの詳しい出金方法については、下記の関連記事を参考にしてください。

取引可能な33種類の通貨ペアとCFD取扱銘柄

GemForexではメジャー・エキゾチック通貨ペア33種類に加えて、エネルギー商品、株式指数商品などのCFD取引にも対応しています。

他の海外FX業者と比較すると決して多い取引商品数ではありませんが、投資家が好む通貨ペアと銘柄は網羅していると考えます。

CFD取引に関してはノースプレッド口座では取引を行うことができません。ノースプレッド口座は33種類のFX取引にのみ対応しています。

150種類以上のEA・ミラートレードが使える

EAストラテジーの成績画面

GemForexはもともとEAの無料提供やミラートレードのサービスから展開してきた企業なので、無料で利用できるEAが150種類以上あります。

ストラテジーの投資収益率なども掲載されているので、成績を見てこれらのサービスを利用するのもおすすめです。

口座タイプの部分でも説明しましたが、ノースプレッド口座の場合はEA・ミラートレードサービスを利用することはできません。

日本語対応OKなサポート体制

GemForexは多くの日本人スタッフが対応しているので、分からないことや質問があれば、気軽に対応してもらえます。基本的にチャットかメールでの対応になります。

日本語以外にも英語、中国語、台湾語にも対応しています。私が利用したところ営業日であれば、24時間以内に返信が来ました。

受付時間は平日10:00〜17:00までです。GemForexの公式サイトではチャットもできるので、簡単な質問はすぐに返信がきます。

GemForexの5つのデメリット

ここまでメリットについて解説して来ましたが、GemForexにももちろん利用する上でのデメリットがあります。

デメリット
  • DD業者で呑み行為の可能性あり
  • 完全信託保全の宣言なし
  • スキャルピングに多少の制限あり
  • 3ヶ月トレードしないと1,500円の口座維持費がかかる
  • 日本の財務省から警告された過去あり

GemForexの取引方式はDD方式

Dealing Deskの方式解説画像

投資家の注文をインターバンク市場に直接流す取引方式をNDD(None Dealing Desk)方式といい一般的に投資家にとって透明性の高い取引方式だと考えられています。

しかし、GemForexはDD方式を採用していると言われており、注文は1度GemForexを経由します。ディーラーの判断によって注文を呑んだり、カバー先に流すか判断を行います。

NDD方式であればカバー先へ注文が直接通されますが、DD方式の場合は顧客の注文をディーラーが一旦反対売買で約定し、カバー先へ流します。

DD方式は約定速度が早くなるのですが、ディーラーが注文を一旦呑むので取引が不透明であると判断されます。

外国人イラスト
ジーザス
ただしNDD方式のFX会社はボーナスなどは一切提供していないことが多く、両方にメリットとデメリットがありマース!

DD方式とNDD方式の違いについて、さらに詳しい解説は、関連記事「DD方式・NDD方式の違い|有利なのはどっち?FX基礎知識」を参考にしてください。

完全信託保全の宣言なし

完全信託保全とは、FX会社が顧客の資金を経営費用とは別に信頼できる銀行へ分別管理し、万が一FX会社が倒産した場合顧客の資金は守り、100%還元するというものです。

GemForexはこの部分について次のように述べています。

海外FXが初めての方にとって非常に気になる所ですね。当社は、お客様が安心してトレードライフをお送り頂く為、お客様の運用資金と同額の資金を分別保管し、万が一の備えとして、大切に守る事を約束しております。また、万が一、証拠金残高がマイナスになってしまった場合も追証が発生する事は一切ございませんので海外FX初心者の方にとっても安心してご利用頂けます。

引用:GemForex|よくある質問

顧客の資金と同等の資金を分別保管しているようですが、一番気になる完全信託保全かの宣言をしていません。

少しあやふやな状態です。ここも1つ不安要素かもしれません。

3ヶ月間取引していないと口座維持手数料がかかる

どのブローカーにもある一定期間取引していないと休眠口座・口座凍結にされることがあります。

GemForexの場合は、1月1日、4月1日、7月1日、10月1日それぞれの時点でライブ口座にて3ヶ月間(90日間)取引がなければ、ライブ口座の残高に対して$15(¥1,500)の口座維持費がかかります。

ただGemForexの公式サイトによると口座に残高がない場合には、維持費は引かれないようです。

無駄な費用が発生しないよう、口座管理はしっかりした方がいいですね。

財務局から警告された過去あり

関東財務局のトップページ画像

GemForexは財務省の地方支分部である関東財務局から平成27年10月に「インターネットを通じて店頭デリバティブ取引をした」として警告を受けています。

店頭デリバティブとは金融商品取引所などの公開市場を介さずに当事者同士で取引を行うことですが、このような警告を過去に受けていました。

ただ、この財務局からの警告は金融庁の管理下にない海外FX会社のほとんどが、このように警告されています。

参考:関東財務局

スキャルピング・両建てに多少の制限あり

スキャルピングに大きな制限は基本的にありません。ただし短時間に取引を繰り返し、サーバーの動作に支障が出る場合に一時的に取引停止となる場合があるようです。

例として5分間で往復10LOT以上の連続取引を継続して行った顧客に対して取引停止を行い、利用規約に則って出金拒否を行った例もあります。

極端な連続取引は控えた方が良さそうです。不安な場合は、カスタマーサポートに相談してみるのも良いです。

また、両建てに関してはGemForexは禁止していませんが、2つ以上の業者に入金して両建てを行うことやGemForexの複数口座を開設して両建て取引をすることは、禁止されています。

まとめ

長くなりましたが、皆さんが気になるGemForexの評判を徹底的にまとめてみました。

ツイッターなどのSNSでは不安や不満といった声がまだまだ多く、メイン口座として利用よりは、ボーナスを上手く活用してトレードしていく程度でもいいかもしれません。

ただスプレッドはかなり狭いという魅力があるので、今後の展開次第では、メイン口座として使用していくのもありです。

GemForexの静止バナー
  • リクオートなしの優れた約定力
  • 豪華なボーナス制度
  • 設立9年の運営歴
  • 最大レバレッジ1000倍
  • 業界最狭水準の低スプレッド
  • 豊富なEA・ミラートレードにも対応