Axioryのスプレッド一覧|FX/CFD・口座種別とリアルタイムデータ

「Axiory スプレッド」のアイキャッチ画像

海外FX業者の中でも投資家から高い信頼を得ているAxioryのスプレッドについてまとめています。

スタンダード口座とナノスプレッド口座で提供しているスプレッドが異なるので、それぞれ詳細に解説しています。ぜひ参考にしてください。

億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名様限定】
無料EAの10月・9月の成績
  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 検証期間:2003年〜2019年

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

Axioryのスプレッドの特徴

Axioryのスプレッドについて

上記画像のようにスプレッドとはBID価格とASK価格の価格差のことを意味し、FX業者はこのスプレッドを手数料として投資家から受け取ることで会社の利益としています。

スプレッドは主に一定のスプレッドが提供される固定スプレッドと相場の状況に合わせてスプレッドが変動する変動スプレッドがありますが、Axioryは変動スプレッドにてスプレッドを提示しています。

ナノスプレッド口座の手数料について

スタンダード口座とナノスプレッド口座の手数料について

スタンダード口座(STP方式)とナノスプレッド口座(ECN)口座では、その仕組みが少し異なります。

STP方式であるスタンダード口座はスプレッドのみを投資家のコストとするのに対し、ECN方式であるナノスプレッド口座はスプレッドと取引手数料が投資家のコストになります。

ナノスプレッド口座は、エントリーから決済までで往復取引手数料がかかるので、1lot(100,000通貨)で6$の手数料が必要です。

ナノスプレッド口座は、取引手数料がかかる代わりにスタンダード口座と比べ、かなり狭いスプレッドで取引することができます。

どの海外FX業者も基本的にECN口座の方が取引コストが安く済む傾向にあります。

ただボーナスがもらえない、入金ハードルなどがあるなど業者によってデメリットがある場合が多く、一概にECN口座が良いとは言えません。

STP口座とECN口座の違いや詳しい説明は、関連記事の「海外FXのECN口座・STP口座の違い|取引方式だけは覚えよう」を参考にしてください。

MT4口座とcTrader口座のスプレッドの違い

Axioryでは、利用できる取引プラットフォームにMT4以外にcTraderを利用することができます。

操作性に優れ、板情報も確認できる取引ツールでスキャルパーやデイトレーダーにも人気があります。

口座開設時にどちらの取引プラットフォームを利用するか選択することができますが、MT4口座、cTrader口座でのスプレッドの違いはありません。

Axioryのスタンダード口座・ナノスプレッド口座スプレッド一覧

Axioryのスプレッドイメージ画像

AxioryではFX取引はもちろん貴金属や株価指数商品、エネルギーなどのCFD取引にも対応しています。

メジャー通貨ペアやマイナー通貨ペア、CFD商品のスプレッドを記載しているので、参考にしてください。

メジャー通貨ペアのスプレッド

Axioryは、公式サイトに平均スプレッドを掲載しておらず、リアルタイムのスプレッドのみしか公表していません。

ですので下記スプレッドは、比較的平均的なスプレッドが提示される欧州時間開始の日本時間16時ごろのスプレッドを掲載しています。

通貨ペアスタンダード口座ナノスプレッド口座
往復手数料無料6$(0.6pips相当を加味)
USD/JPY(ドル円)1.3pips0.8pips
EUR/USD(ユーロドル)1.2pips0.6pips
EUR/JPY(ユーロ円)1.2pips0.9pips
GBP/USD(ポンドドル)1.4pips1.0pips
GBP/JPY(ポンド円)2.3pips2.1pips
AUD/USD(オージードル)1.6pips0.9pips
AUD/JPY(オージー円)1.8pips1.2pips
USD/CAD(カナダドル)1.9pips1.2pips
CAD/JPY(カナダ円)1.6pips0.9pips

FX通貨ペアのスタンダード口座スプレッド一覧

Axioryスタンダード口座のスプレッド一覧

Axioryスタンダード口座のスプレッド一覧2

Axioryスタンダード口座のスプレッド一覧3

※2019年12月23日16時15分のリアルタイムスプレッド。あくまで参考値としてご覧ください。

FX通貨ペアのナノスプレッド口座スプレッド一覧

Axioryナノスプレッド口座のスプレッド一覧

Axioryナノスプレッド口座のスプレッド一覧2

Axioryナノスプレッド口座のスプレッド一覧3

※2019年12月23日16時15分のリアルタイムスプレッド。あくまで参考値としてご覧ください。

スタンダード口座・ナノスプレッド口座の貴金属のスプレッド

Axioryで取引できる貴金属はゴールドとシルバーでそれぞれ下記のスプレッドを参考にしてください。

スタンダード口座の貴金属のスプレッド

axioryのスタンダード口座の貴金属のスプレッド

ナノスプレッド口座の貴金属のスプレッド

axioryナノスプレッド口座の貴金属のスプレッド

※2019年12月23日16時15分のリアルタイムスプレッド。あくまで参考値としてご覧ください。

AxioryのCFD商品のスプレッド一覧

株価指数・資源・エネルギーCFD商品は、口座タイプによるスプレッドの違いありません。

株価指数CFDのスプレッド

axiory株価指数CFDのスプレッド

資源・エネルギーCFDのスプレッド

Axiory資源・エネルギーCFDのスプレッド

※2019年12月23日16時15分のリアルタイムスプレッド。あくまで参考値としてご覧ください。

他の海外FX業者とのスプレッド比較

海外FX業者のロゴ

海外FX業者の中でもAxioryのスプレッドはトップクラスの狭さを誇りますが、実際にどれくらい差があるのか調査しています。

Axioryのスタンダード口座(STP口座)相当とナノスプレッド口座(ECN口座)相当に分けてそれぞれ記載しています。

※記載のスプレッドは全てAxiory・XM・TitanFX・HotForexの公式サイトを参考に作成しています。

海外FX業者スタンダード口座相当比較

通貨ペアAxiory
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
TitanFX
スタンダード口座
HotForex
プレミアム口座
USD/JPY1.3pips1.6pips1.33pips1.7pips
EUR/USD1.2pips1.7pips1.2pips1.2pips
EUR/JPY1.2pips2.3pips1.74pips1.7pips
GBP/USD1.4pips2.4pips1.57pips1.8pips
GBP/JPY2.3pips3.9pips2.45pips3.0pips
AUD/USD1.6pips1.9pips1.52pips1.5pips
AUD/JPY1.8pips3.3pips2.12pips2.3pips

海外FX業者ナノスプレッド口座相当比較

通貨ペアAxiory
MT4ナノスプレッド口座
XM
ゼロ口座
TitanFX
ブレード口座
HotForex
ゼロスプレッド口座
往復手数料
(pips相当)
0.6pips1.0pips0.7pips0.8pips
USD/JPY0.8pipspips1.1pips1.03pips1.0pips
EUR/USD0.6pips1.1pips0.9pips0.9pips
EUR/JPY0.9pips1.4pips1.44pips1.6pips
GBPUSD1.0pips1.3pips1.27pips1.2pips
GBP/JPY2.1pips2.2pips2.15pips2.2pips
AUD/USD0.9pips1.4pips1.22pips1.6pips
AUD/JPY1.2pips2.2pips1.82pips2.2pips

海外FX業者としてもAxioryはかなりスプレッドが狭いということができます。

XMとよく比較されるTitanFXよりもスタンダード口座・ナノスプレッド口座ともにスプレッドが狭い結果になりました。

下記の関連記事では、Axioryの評判についても解説していますので合わせて見てみてください。

Axioryのリアルタイムスプレッド

下記の動画でAxioryのリアルタイムのスプレッドを確認できます。

上から2段目がAxioryのスプレッドでスタンダード口座・ナノスプレッド口座のそれぞれが表示されています。

まとめ

ここまでAxioryのスプレッドについて解説してきました。

スプレッドはもちろん業界でもトップクラスに狭いAxioryですが、約定力・スリッページの実績公開やレートを提供しているリクイディティプロバイダー先の公開など透明性の高い海外FX業者で個人的にもおすすめの業者です。

Axioryの静止バナー

  • ベリーズ金融ライセンス保持
  • 最狭水準のスプレッド
  • 圧倒的約定力
  • 信託保全完備
  • MT4/cTrader使用可能
  • 優秀な金融インフラ
  • 積極的な情報開示
  • ゼロカットシステム
  • レバレッジ最大400倍
  • ノーディーリングデスク採用