Axioryの出金方法ガイド|手数料・着金時間・ルールを完全解説!

アイキャッチ画像

Axioryには複数の出金方法があるので、どの方法が最適かよく分からないということがあるのではないでしょうか?

出金におけるルールや出金方法ごとのメリットやデメリット、出金手順について詳しく見ていきます。

外国人イラスト

Axioryでは、入出金でbitwalletを利用することができなくなったけど、その他にどんな出金方法があるのか知りたいデース!

編集室いぬいのプロフィール画像

出金には一定のルールがあるので、自由に出金方法を選択することはできませんが、銀行送金やクレジットカードはもちろん、STICPAYやbitpayなどの電子決済サービスを利用することができます。

Axioryの出金方法については、公式サイトやサポートに確認した情報を掲載しています。

億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名様限定】
無料EAの10月・9月の成績
  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 検証期間:2003年〜2019年

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

Axioryの出金方法について

Axioryの出金方法について、入金方法と同様、国内銀行送金(Curfex)・国際銀行送金・クレジットカード/デビットカード・STICPAY・bitpay・NETELLER(ネッテラー)・Skrill(スクリル)の7種類の出金方法が用意されています。

出金方法Axioryの出金手数料*1サービス会社の手数料最低出金額*4対象口座への反映時間
国内銀行送金(Curfex)
国内銀行送金
無料無料¥20,000営業日1〜24時間
国際銀行送金
国際銀行送金
無料送金に伴う手数料は顧客負担¥20,0003〜10営業日
クレジットカード・デビットカード(VISA/JCB)
クレカ/デビット
無料無料¥20,0003〜20営業日
STICPAY無料国内銀行口座へは[¥800+送金額の1.5%]¥20,000即時反映
bitpay*2無料設定によって変動(20~100 satoshis/byte)¥20,0001〜5営業日
NETELLER(ネッテラー)*3無料NETELLERの出金手数料¥20,000即時反映
Skrill(スクリル)*3無料Skrillの出金手数料¥20,000即時反映

参考:Axiory|入金方法と出金方法

  • (*1)¥20,000以下の出金は一律¥1,500の手数料が発生
  • (*2)bitpayでの出金はビットコインのみ可能で、その他の仮想通貨で入金した場合は国際銀行送金で出金する
  • (*3)NETELLERとSkrillは、日本居住者が利用することは不可
  • (*4)手数料を考慮しないのであれば、国際銀行送金は¥10,000、それ以外は¥1,600から出金が可能

電子決済サービスの「NETELLER」と「Skrill」は日本居住者が利用することはできません。

入金方法に比べて出金方法は一定のルール通りに出金しなくてはなりません。次の項目で知っておくべき出金ルールを説明しましょう。

Axioryの入金方法について詳しく知りたい方は、「Axioryの入金方法ガイド|CurfexやSTICPAYとは?手数料と送金手順も」を参考にしてください。

必ず知っておきたいAxioryの出金ルール

海外送金での出金方法について

しっかりとマネーロンダリング規約を守っている海外FX会社であれば、出金に条件が付くことがあります。

これを知らず、いざ出金しようとすると「え、出金できない。出金拒否?」と疑ってしまう方も中にはいます。

しかしこれは逆で、このマネーロンダリング防止に尽力しているFX会社というのは、健全な運営をしようと努力している企業なんです。

マネーロンダリング(資金洗浄)

資金洗浄(しきんせんじょう)とは、規制薬物取引、盗品などの贓物(ぞうぶつ)取引、身代金、詐欺、違法賭博、脱税、粉飾決算、裏金、偽札などの犯罪行為によって得た現金(汚い資金)から、出所を消し(汚れを洗い流し)、正当な手段で得た資金と見せかける(綺麗に見せかける)ことである。

引用:Wikipedia|資金洗浄

入金額分までは入金方法と同じ方法で出金する

マネーロンダリング防止のために、入金経路と出金経路は入金額分までは同じ必要があります。

例えば、¥500,000の入金を国内銀行送金(Curfex)で行なった場合は、¥500,000までは国内銀行送金で出金する必要がある。

ただし、bitpayでビットコイン以外の仮想通貨で入金した場合には、出金は全額「国際銀行送金」で行う必要があります。

この点は、bitpayだけ他の出金方法とは異なります。

入金額以上の利益額の出金について

入金額以上の利益額の出金は、入金方法と同じ方法で出金できます。

国内銀行送金(Curfex)で10万円入金し、20万円の利益が出て残高合計が30万円の場合、30万円全額を国内銀行送金(Curfex)で出金可能。

外国人イラスト

Hmm.海外FX会社によっては利益分の出金は、決まった方法で出金しなければならないこともあるので、まとめて出金できるのはメリットでーす

クレジットカードについては入金額までしか出金することができません。利益分は、過去に入金歴のある方法で出金します。

過去に入金歴がない場合には、国際銀行送金にて利益分の出金が可能です。

クレジットカードの出金は最優先される

過去にクレジットカードの入金歴があれば、最優先でまずクレジットカードでの入金額分まで出金する必要があります。

例えば、国内銀行送金(Curfex)で10万円、クレジットカードで30万円入金した場合は、クレジットカードの入金額の30万円になるまで、クレジットカードにて出金する必要がある。

このように他の入金歴があっても、クレジットカードでの入金歴がある場合は、そちらが優先されます。

¥20,000未満の出金は一律¥1,500の出金手数料がかかる

¥20,000未満の出金は、Axiory側の出金手数料として、¥1,500かかります。これにプラスして出金方法によっては、決済サービス会社の出金手数料がかかってしまいます。

¥20,000以上の入金で、このAxioryの出金手数料¥1,500は無料になるので、取引口座から出金する際は、¥20,000以上の出金をおすすめします。

条件によってポジション保有中でも出金可能

Axioryでは、証拠金を差し引いた後の証拠金維持率が100%を超えているなら、ポジション保有中でも取引口座から出金することができます。

Axioryのロスカット水準は、証拠金維持率が20%以下と低い水準ですが、取引口座の残高には十分余裕を持って取引をすることをおすすめします。

証拠金や証拠金維持率について詳しく知りたい方は、「XMの証拠金まとめ|証拠金維持率の計算方法&必要証拠金一覧表」が参考になります。

国内銀行送金(Curfex)の出金方法

curfexのイメージ画像

ここからは、Axioryの各出金方法の特徴と出金手順について見ていきます。

NETELLER(ネッテラー)とSkrill(スクリル)に関しては、日本居住者として使用することができないので、今回の説明は省きます。

国内銀行送金(Curfex)の特徴

出金方法Axioryの出金手数料サービス会社の手数料最低出金額最大出金額対象口座への反映時間
国内銀行送金(Curfex)
国内銀行送金
無料無料¥20,0001日最大3000万円営業日1〜24時間

Axioryでは、国内銀行送金に対応しており、Curfexという送金サービスを利用して入金・出金をすることができます。

「Curfex」は金融庁|関東財務局資金移動業者登録一覧(.pdf)にも登録されている信頼性の高い企業です。

国内銀行送金(Curfex)の特徴には、以下の点が挙げられます。

  • 出金手数料無料
  • 入金額と利益額をまとめて出金できる
  • 営業日であれば着金時間24時間以内と早い
  • 1日最大3000万円まで出金可能
  • SWIFTコードのない銀行にも出金できる
外国人イラスト

Amazing!出金手数料が無料で入金額と利益額を出金できるなんて信じられないですね

国内銀行送金(Curfex)の一番の特徴は、送金サービス会社「Curfex」でかかる手数料を入金・出金時のどちらもAxioryが負担してくれることです。(入金額と出金額¥20,000以上)

また、入金額と利益額をまとめて出金できるのも魅力です。すでにCurfexのアカウントを作成しているならデメリットの少ない出金方法と言えます。

国内銀行送金(Curfex)での出金手順

はじめにAxiory公式サイトにアクセスし、会員ページにログインします。

Axiory国内銀行送金の出金方法

ログイン後、ホーム画面のメニューに「出金」とあるので、クリックします。次に、出金希望する口座を選択し進みます。

「国内銀行送金 by Curfex」を選択し、画面の指示に従って進みます。

Axiory国内銀行送金の出金方法

出金申請の内容を確認し、問題なければ「出金金額」を記入し、「国内銀行送金で出金する」をクリックすれば完了です。

国際銀行送金の出金方法

基本的に海外FX会社の多くが出金方法に利用している国際銀行送金(海外送金)ですが、Axioryの他の出金方法と比べて、どのような特徴があるのか出金手順と合わせて、見ていきます。

国際銀行送金の特徴

出金方法Axioryの出金手数料サービス会社の手数料最低出金額最大出金額対象口座への反映時間
国際銀行送金
国際銀行送金
無料送金に伴う手数料は顧客負担¥20,000上限なし3〜10営業日

海外送金は、電子決済サービスを利用しなくても海外送金の可能な銀行口座を持っていれば、Axioryの取引口座に入金することができます。

では、どのような特徴があるのかを見ていきましょう。

  • 新たな電子決済サービスに登録しなくても出金できる
  • 銀行によって異なるが手数料が¥2,000〜¥8,000程度かかる
  • 着金するまで3〜10営業日ほどかかる
  • 入金額と利益額をまとめて出金できる
  • 出金額に上限がない
  • SWIFTコードのない銀行には出金できない

国内銀行送金(Curfex)よりも海外送金や中継銀行にかかる手数料がありますが、基本的に出金額によって変動せず固定なので、多くの金額を出金する際には便利です。

国際銀行送金を考えているなら、口座を持っている銀行のSWIFTコードと海外送金が可能かを確認しましょう。

SWIFTコードは、Wikipedia|SWIFTコード一覧を参考にしてください。

外国人イラスト

入金をまだしていないなら、入金手数料が安く、出金手数料が無料の国内銀行送金(Curfex)を利用する方が良さそうダネ

国際銀行送金での出金手順

はじめにAxiory公式サイトにアクセスし、会員ページにログインします。

Axiory海外銀行送金の出金方法

ログインするとホーム画面上部に「出金」というボタンがあるので、クリックします。

次に出金したい取引口座を選択して、次に進みます。

国際銀行送金の出金手順

出金方法がそれぞれ表示されるので、「国際銀行送金」をクリックします。

国際銀行送金の出金手順

出金先の銀行情報を記入します。多くの場合、銀行の公式サイトに海外送金(被仕向送金)について詳しく記載されているので、一度確認しましょう。

国際銀行送金の出金手順

最後にAxioryの取引口座から出金したい金額を入力して、「国際銀行送金で出金する」をクリックすれば、申請は完了です。

クレジットカードの出金方法

すぐに入金できるが出金の際に少し面倒なイメージのあるクレジットカード。

そんなクレジットカードの特徴と出金手順について詳しく解説していきます。

クレジットカードの特徴

クレジットカードのイメージ画像
出金方法Axioryの出金手数料カード会社の手数料最低出金額最大出金額対象口座への反映時間
クレジットカード・デビットカード(VISA/JCB)
クレカ/デビット
無料無料¥20,000Axiory側で上限なし3〜20営業日

手持ちのクレジットカードがあれば、すぐにAxioryの取引口座に入金できるのが魅力です。

そんなクレジットカードの特徴と出金手順を紹介していきます。

  • 入金・出金手数料が一切無料
  • 入金はすぐできるが出金には3〜20営業日ほどかかる
  • 入金額以上の出金はできない
  • 利益額の出金は過去に入金歴のある方法で出金
  • VISA・JCBにしか対応していない

Axioryの出金方法で唯一、入金と出金手数料が無料で行える出金方法です。

ただし、入金額以上の利益がある場合、利益額の出金は過去に入金歴のある方法で出金しなくてはなりません。

例えば、国内銀行送金(Curfex)での入金歴があれば、利益分を国内銀行送金(Curfex)で出金する。

過去に入金歴がない場合には、国際銀行送金にて出金可能。

クレジットカードの出金方法

はじめにAxiory公式サイトにアクセスし、会員ページにログインします。

Axioryクレジットカードの出金方法

Axioryの会員ページにログインできたら、画像のように「出金」というボタンがあるので、クリックします。

出金したい取引口座を選択して、次に進みます。

クレジットカードの出金手順

Axioryの出金方法が表示されるので、「カード」をクリックします。

クレジットカードの出金手順

次に表示さいれている項目に出金額を記入して、「カードへ出金する」をクリックすれば、クレジットカードでの出金申請は完了です。

STICPAYの出金方法

Axioryでは、bitwalletが使用できませんが、電子決済サービスの「STICPAY」を利用できます。

bitwalletと比べると良し悪しはありますが、他の海外FX会社でも使うことのできる入金・出金方法の1つです。

STICPAYの特徴

STICPAYのイメージ画像
出金方法Axioryの出金手数料サービス会社の手数料最低出金額最大出金額対象口座への反映時間
STICPAY無料国内銀行口座へは[¥800+送金額の1.5%]¥20,000上限なし即時反映

AxioryでSTICPAYを利用するメリットとデメリットとしては、以下のような点があります。

  • 入金と出金が即時反映される
  • 出金額が多いほどSTICPAYの出金手数料がかかる
  • STICPAYは他の海外FX会社でも利用可能
  • 出金額に上限なし
  • 入金額と利益額をまとめて出金可能

STICPAYを利用するメリットとしては、入金と出金がリアルタイムで行うえることですが、入金と出金時にSTICPAYの送金手数料がかかります。

STICPAY口座への送金方法で手数料は変わりますが、基本的に送金額に対して○○%という手数料がかかるので、送金額が多いほど手数料が高くなります。

STICPAYの手数料については、STICPAY|送金手数料を確認してください。

STICPAYでの出金手順

はじめにAxiory公式サイトにアクセスし、会員ページにログインします。

STICPAYの出金方法

会員ページにログイン後に、ホーム画面のメニューから「出金」をクリックし、出金を希望する取引口座を選択します。

STICPAYの出金手順

出金方法を選択できるので「STICPAY」をクリックします。

次の画面で希望する出金額を入力し、送信ボタンを押します。これでSTICPAYでの出金申請は完了です。

bitpayの出金方法

ビットコインなどの仮想通貨を管理するbitpayですが、Axioryの取引口座から入金・出金を行うことができます。

bitpayの特徴

bitpayのイメージ画像
出金方法Axioryの出金手数料サービス会社の手数料最低出金額最大出金額対象口座への反映時間
bitpay無料設定によって変動(20~100 satoshis/byte)¥20,0001日最大1000万円まで1〜5営業日

bitpayで出金するメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 出金手数料が安い
  • ビットコイン以外の仮想通貨で入金した場合は、国際銀行送金にて出金
  • 出金から着金まで1〜5営業日かかる
  • 入金額と利益額をまとめて出金可能

仮想通貨をすでに持っている方には、入金・出金手数料が安く、おすすめの出金方法です。

ただ、ビットコイン以外の仮想通貨で入金した場合は、国際銀行送金で出金しなくてはなりません。

bitpayの出金手順

はじめにAxiory公式サイトにアクセスし、会員ページにログインします。

bitpayの出金方法

会員ページ「MyAxiory」にログイン後、操作メニューから「出金」をクリックします。

出金したい取引口座を選択し、クリックします。

bitpayの出金手順

次に出金手順を選択できる画面が表示されるので、「bitpay」を選択します。

bitpayの出金手順

枠内の「ビットコインアドレス」と「ビットコインウォレット名」を入力し、必要に応じてウォレット名を指定します。

「このビットコインウォレットを保存、使用する」のボタンをクリックし、次の画面で希望の出金額を記入し、送信ボタンを押せば出金申請は完了です。

まとめ

Axioryの出金方法のルールについて詳しく説明してきましたが、入金と出金の2つの特徴を考え、個人的におすすめしたいのが「国内銀行送金(Curfex)」です。

送金額が¥20,000以上であれば、入金手数料は銀行への振込手数料のみで、出金手数料は無料という手数料の安さはダントツです。

口座に反映される時間も銀行の営業日であれば、1〜24時間以内と優秀です。

これまでの内容をもとに、選択すべき出金方法がどれなのか参考にしてもらえればと思います。

Axioryの静止バナー

  • ベリーズ金融ライセンス保持
  • 最狭水準のスプレッド
  • 圧倒的約定力
  • 信託保全完備
  • MT4/cTrader使用可能
  • 優秀な金融インフラ
  • 積極的な情報開示
  • ゼロカットシステム
  • レバレッジ最大400倍
  • ノーディーリングデスク採用