海外FXのECN口座・STP口座の違い|取引方式だけは覚えよう

「ECNとSTP」のアイキャッチ画像

海外FX会社を探していると、ECN口座やSTP口座などの口座タイプがあって「何のことかわからない!」という方も多いのではないでしょうか?

そんな小難しそうな単語、「ECN方式」「STP方式」について詳しく解説しています。

外国人イラスト

ECN口座とSTP口座ってよくわからないFX用語だけど何か覚えておかないといけない単語のように感じマース!

編集室いぬいのプロフィール画像

はい、とても重要な用語です。この記事では、気になる以下のポイントが分かるように解説します。

  • 「ECN方式」と「STP方式」がどのような取引方式かわかる
  • 「ECN方式」と「STP方式」のどちらを選ぶべきかがわかる
  • 2種類の取引方式の違いがわかる
知人の億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名限定】
無料EAの10月・9月の成績

億トレーダーが開発・使用している無料自動売買ソフトを期間限定で特別配布させていただくことになりました!バックテストは2003年から2019年まで行なっており、リアルトレード成績も公開しています。

  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 2020年10月の収支:+64,655円

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

FXの取引方式の種類

FX取引方法の種類

FX会社の取引方式は、大きく分けて「DD(ディーリングデスク)方式」と「NDD(ノーディーリングデスク)方式」の2種類があります。

「ECN方式」と「STP方式」は、2つともNDD方式で、さらに細かく分類した取引方法です。

DD方式
トレーダーとインターバンク市場の間にFX会社を経由する取引方法で、相対取引・店頭取引・OTC取引とも呼ばれます。FX会社を間に経由するので透明性は低いです。
NDD方式
トレーダーとインターバンク市場が直接的に取引する方法で、透明性は高いです。

インターバンク市場:銀行や証券会社のみが参加できる市場で、短期資金・手形・外貨の取引を行うオンラインの市場です。

国内証券会社は、DD方式を採用している業者が多く、海外FX会社はNDD方式を採用しているFX会社が多いです。

「DD方式」と「NDD方式」の違いやメリットとデメリットについては、関連記事の「DD方式・NDD方式の違い|有利なのはどっち?FX基礎知識」で詳しく解説しています。

ECN方式とは

NDD方式の取引方法の1つである「ECN」は「Electronic Communications Network(電子取引ネットワーク)」を略したもので、電話やオンラインで金融商品を取引できる私設取引システムです。

海外では、「Currenex」「Hotspot」「Integral」「LMAX」などのECNが有名です。

取引におけるECN方式は、トレーダーとインターバンク市場の間に証券会社や海外FX会社は介入せず、2者間で直結して取引する方式です。FX会社は取引に介入しないので、透明性はとても高くなります。

またトレーダーの注文は、金融機関やヘッジファンド、FX会社が出している反対注文とオークション形式で自動的にマッチングします。この価格については、どちらにもメリットのある価格で売買されるようシステム化されています。

FX会社は、顧客とインターバンク市場間の取引には、一切介入しないので、外付けの取引手数料を取ることで利益を出します。

編集室いぬいのプロフィール画像

取引環境としては、機関投資家などのプロトレーダーと同等の環境を利用することができます。

ECN方式のメリット

ECN方式のメリット

ECN方式は、透明性が高いことがわかりましたが、その他にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット
  • 約定力が高い
  • 大量ロットの注文も通りやすい
  • 板情報を確認することができる
  • 市場参加者が多く、スプレッドが狭くなりやすい

インターバンク市場では金融機関の大量の注文がマッチングされては売買されており、流動性が高く約定力も高いです。

市場参加者が多いのでスプレッドも狭くなりやすく、常に最小というわけにはいかないですが、0pipsでマッチングすることも珍しくありません。

また金融機関などの大口の市場参加者がいることで、100万通貨を超えるような注文も通りやすいという特徴があります。

板情報を確認することができる

板情報のイメージ画像

そしてECN方式の最大の特徴が、株式のように板情報を確認できる点です。

どの価格帯に「買い」または「売り」の注文が集中しているのか、板情報から知ることができます。エントリー時の判断材料としても活用することができますね。

残念ながら個人トレーダーの方の多くが使用しているMT4では、板情報を確認することができないので、板情報を見ながらトレードしたい方は、MT5やcTraderなどの取引プラットフォームを使用する必要があります。

ECN方式のデメリット

ECN方式のデメリット
デメリット
  • 朝方などの取引時間帯によっては約定力が落ちる
  • ECN方式採用の取引口座は、最低入金額が高い
  • ボーナスが適用されてないことが多い

ECN方式の場合、取引量が少ない日本時間の朝方6時から8時の間や市場参加者の少ない通貨ペアなどでは、約定力が落ち込む可能性があります。

また、海外FX会社ではECN方式を採用した口座タイプでは、最低入金額が高く、ボーナスが適用されないということがよくあります。

ECN方式はFX会社にとって、相場のリスクに晒されないというメリットがありますが、利益は取引手数料のみになります。

STP方式とは

「Straight Through Processing」を略してSTP方式と呼ばれています。日本語に訳すと「注文を直接市場に流す」という意味になります。

STP方式では、顧客の注文はFX会社が提携しているLP(リクイディティプロパイダー)に注文を流します。その際トレーダーの有利になるように、LPのレートを確認してから以下のようにカバー先を自動で選択しています。

  • 投資家が買い注文をすれば、一番安いBID(売値)を提示したLPの価格で成立
  • 投資家が売り注文をすれば、一番高いASK(買値)を提示したLPの価格で成立

LP(リクイディティプロパイダー):市場に流動性を供給する業者で、FXでは為替レートを提供して取引相手となるような金融機関を指します。例えば、「Bank of America」や「JPMorganChase」など。

参考:リクイディティプロパイダー|iFinance

提携しているLPの数が多いほど、トレーダーにとっては有利な価格で取引が可能になるので、STP方式を採用しているFX会社のLPの数が1つの評価ポイントになります。

FX会社は、LPからの提示レートにスプレッドを上乗せして、トレーダーへ提示することで利益を出しています。

一時的にFX会社を経由するので透明性は、ECN方式よりも劣ります。

「Instant Execution」と「Market Execution」について

「Instant Execution」と「Market Execution」について

少しマニアックな知識になるのですが、STP方式はさらに「Instant Execution」と「Market Execution」の2つの取引方式に分けることができます。

「Instant Execution」は「即時実行」の訳の通り、FX会社は顧客の注文を決済し、瞬時にカバー先の金融機関に注文を流す取引方式です。

この取引方式では、大量注文やエントリー時にFX会社側の損となるような取引の場合には、リクオートが発生することがあります。

これに対して「Market Execution」はカバー先のLPに直接注文が通るので、リクオートはありません。しかし注文がすぐに決済されない場合や通信インフラによっては、スリッページが発生する可能性はあります。

「Market Execution」の中には、DMA(Direct Market Access)という電子取引執行システムを提供しているFX会社もあります。魅力としては、金融機関の市場価格にて取引できるという非常に透明性の高い取引方式です。

DMAはマーケットと直接繋がっているので遅延もほとんどありません。

DMAは変動スプレッドのみ存在し、固定スプレッドはありえません。日本の証券会社のように固定スプレッドを提供しているところはDMAを提供していないと考えることができます。

編集室いぬいのプロフィール画像

やや難しい話ですので、「分からない!」という方は「Market Execution」の方が透明性は高いという認識で問題ありません。

STP方式のメリット

STP方式のメリット
メリット
  • トレーダーに有利な価格で約定する
  • LPの数が多いほど流動性が確保される
  • 必ず注文をLPが受けるので、約定力が安定している

トレーダーがドル円110円で買い注文をしたとすると、金融機関Aがドル円110円で売り、金融機関Bがドル円109円で売っていたとするとトレーダーにとって有利なドル円109円とマッチングします。

NDD方式のFX会社を選ぶ際は、LPの数や質の充実しているFX会社を選択することで、流動性の確保にもつながります。

またLPはトレーダーの注文を必ず受けるので、ECN方式の弱点である流動性の低い朝方でもSTP方式は約定力が安定しているというメリットがあります。

STP方式のデメリット

STP方式のデメリット
デメリット
  • ECN方式と比べると透明性は低い
  • 「Instant Execution」ではリクオートする可能性あり

STP方式では、顧客の注文はFX会社を経由してスプレッドが上乗せされるので、ECN方式と比べると透明性はやや下がります。

また「Instant Execution」の場合、その時のレート次第でFX会社が損失になってしまうことがあれば約定拒否を行う可能性があります。

ただしECN方式もSTP方式もNDD方式なので、FX会社もトレーダーには儲けて、取引回数を増やして欲しいという前提があります。

海外FX会社のECN口座とSTP口座の違いについて

「結局、海外FX会社のECN口座とSTP口座のどちらを選択するべきかわからない!」という方のために、口座タイプごとの主な特徴をまとめています。もちろん海外FX会社によって例外はあります。

項目ECN口座STP口座
透明性とても高い普通
レバレッジ低い高い
スプレッドとても狭い若干広い
取引手数料ありなし
板情報ありなし
ボーナス基本なしあり
最低入金額ハードル高いハードル低い

ECN口座がおすすめなトレーダーは、ボーナスなどが必要なくスプレッド重視のトレーダーがおすすめです。

STP口座がおすすめなトレーダーは、レバレッジが高く、ボーナスを活用したいまたは資金の少ないトレーダーにおすすめの口座タイプです。

NDD方式のおすすめ海外FX会社:TitanFX

TitanFXのイメージ画像

TitanFX会社は、「Zeroスタンダード口座(STP口座)」と「Zeroブレード口座(ECN口座)」の2種類があります。

ボーナスなどの提供はどの口座タイプも基本的にありませんが、提携しているリクイディティプロパイダーは50社以上と海外FX会社の中では、トップクラスです。

最新の独自技術で「Zero Pointテクノロジー」と呼ばれる通信インフラ整備により、約定力にも定評があります。

TitanFXの詳しい取引環境や評判については、下記の関連記事を参考にしてください。

NDD方式のおすすめ海外FX会社:Axiory

Axioryのイメージ画像

Axioryは、NDD方式による取引環境を提供している海外FX会社の中では、情報公開にとても積極的です。Axiory公式サイトでは、過去の約定スピードやスリッページ発生率を確認することができます。

スプレッドや取引手数料などのトータルコストを考えても、海外FX会社の中でも最狭クラスの低スプレッドでの取引が可能です。自動売買で取引したい方はスタンダード口座、スキャルピングや裁量トレードの方はナノスプレッド口座がおすすめです。

Axioryのサービス内容や評判について詳しく知りたい方は、下記の関連記事を参考にしてください。

まとめ

STP方式とECN方式のどちらの取引方式にもメリットとデメリットがあります。基本的にどちらもNDD方式なので透明性は高いです。

さらに透明性を重視するならECN口座。ボーナスやレバレッジを重視するならSTP口座というように海外FX会社を利用する上で、どの点を重視しているか考えてみるといいかもしれませんね。

知人の億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名限定】
無料EAの10月・9月の成績

億トレーダーが開発・使用している無料自動売買ソフトを期間限定で特別配布させていただくことになりました!バックテストは2003年から2019年まで行なっており、リアルトレード成績も公開しています。

  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 2020年10月の収支:+64,655円

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

TitanFXの静止バナー
  • 業界トップクラスの約定力
  • ノーディーリングデスク(NDD)方式
  • 最速ティア1の金融インフラ
  • 狭いスプレッド
  • 最大レバレッジ500倍
  • VFSC金融ライセンス保持