DD方式・NDD方式の違い|有利なのはどっち?FX基礎知識

アイキャッチ画像

国内証券会社や海外FX会社の取引環境を調べていると、DD業者やNDD業者と書かれていて「何のことか分からん!」という方も多いのではないですか?

そんなFXについて、よく分からなくなってしまう単語「DD(Dealing Desk)方式」と「NDD(No Dealing Desk)方式」について詳しくまとめています。

外国人イラスト

DD方式?NDD方式?、これらはFX会社を選ぶ際に重要な事なんデスカ?あとこの記事で何がわかるんデス?

編集室いぬいのプロフィール画像

それでは、特に気になる下記のポイントに絞って説明しましょう。

  • DD方式とNDD方式の違いを理解できるようになる
  • それぞれの取引方式のメリットとデメリットを理解できる
  • DD方式とNDD方式のどちらを選ぶべきかがわかる
  • 信頼できるFX会社かどうか判断することができるようになる
知人の億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名限定】
無料EAの10月・9月の成績

億トレーダーが開発・使用している無料自動売買ソフトを期間限定で特別配布させていただくことになりました!バックテストは2003年から2019年まで行なっており、リアルトレード成績も公開しています。

  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 2020年10月の収支:+64,655円

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

DD方式とNDD方式の違いは何なのか

両者は顧客が執行する取引形態を区分する用語で、約定力やスリッページ、スプレッドなど取引において重要な部分に影響を与えます。

それぞれの意味と特徴を確認していきましょう。

DD方式とは

DD(ディーリングデスク)方式の図解

DD方式のDDは「Dealing Desk(ディーリングデスク)」の略になり、顧客とインターバンク市場の間にFX会社を挟んで行う取引方法になります。相対取引・店頭取引・OTC取引とも言われます。

顧客の注文は一旦FX会社のディーラーが受けて約定します。

FX会社のディーラーは顧客の注文とは反対の売買を行います。これは相対取引または呑むと呼ばれることがあります。

顧客とは反対のポジションを持つので、顧客とFX会社は利益相反の関係になります。

特徴としては、スプレッドが狭く、透明性は低いなどの点があげられます。

特徴
  • 注文は顧客とインターバンク市場の間にFX会社を経由する
  • スプレッドは狭いが、透明性は低い

NDD方式とは

NDD(ノーディーリングデスク)方式の図解

NDD方式のNDDは「No Dealing Desk(ノーディーリングデスク)」の略で、顧客とインターバンクの間にFX会社を挟まない取引方式になります。

顧客の注文はLP(リクイディティプロパイダー)に直接流れ、約定すれば顧客の注文は執行されたことになります。

NDD方式はスプレッドが広く、透明性が高いという特徴があります。

国内証券会社や海外FX会社は、取引には関わらず、仲介した手数料としてスプレッドや取引手数料を顧客から受け取ることで利益を上げることができます。

顧客の注文にスプレッドを上乗せして、手数料を取る方法をSTP方式と言い、スプレッドではなく取引手数料を取る方法をECN方式と言います。

ECN方式とSTP方式についての特徴と違いについては、関連記事の「海外FXのECN口座・STP口座の違い|取引方式だけは覚えよう」を参考にしてください。

特徴
  • 注文は顧客とインターバンク市場の間で直接行われる
  • スプレッドは広いが、透明性は高い
外国人イラスト

I see!DD方式とNDD方式の主な違いは、顧客とインターバンクの間にFX会社が介入するかしないかということダネ!

DD(ディーリングデスク)方式のメリットとデメリット

簡単にDD方式のメリットとデメリットをリスト化してみました。

メリット
  • スプレッドが狭い
  • ボーナスなどの特典が豪華なことが多い
  • 約定スピードが速く、約定拒否も少ない
デメリット
  • 顧客とFX会社は利益相反の関係
  • レートずらし・ストップ狩り・ロスカット狩り, etc.を故意に行う可能性あり
  • 急変動時に意図的にシステムをダウンさせることも
  • 負けているトレーダーの注文は呑む

DD方式のFX会社を利用するメリット

DD方式のメリット

日本人はスプレッドの狭さを重視する方が多いので、DD方式の国内証券会社はスプレッドが0.3pipsなど海外FX会社ではありえないくらい狭いです。

また、海外FX会社では100%入金ボーナスなどの豪華なボーナスを用意していることがあります。

約定スピードが速いというメリットもあります。理由として、インターバンク市場に注文を通す工程がなく、FX会社が注文を受け付ければ、そこで一旦約定するので、約定スピードは速くなりやすいです。

ただ、狭いスプレッドや豪華なボーナスが提供できる背景には、それでも利益を出せる仕組みがあるからということを忘れないでください。

編集室いぬいのプロフィール画像

もちろん、このような特徴があるFX会社が全てDD方式の会社であるということではありませんが、可能性は高いです。見分ける時の参考にしてください。

DD方式のFX会社を利用するデメリット

DD方式のデメリット

DD方式は、顧客の注文をFX会社が呑むので、基本的に顧客とは利益相反になると説明しました。

相場では9割の人が負けているので、反対売買をするだけで儲かります。1割のプロトレーダーの注文は、呑まずにインターバンク市場へ流せばどれだけ儲かるでしょうか?

このような仕組みから狭いスプレッドと豪華なボーナスの提供が可能になります。

外国人イラスト

Just a minute!でも、DD方式のFX会社は注文を呑んでいるだけで、公平性に問題はないのでは?負ける顧客がいてもそれはその顧客の責任じゃないんデスカ?

編集室いぬいのプロフィール画像

ジーザスくん、非常にいい質問ですね。この部分について説明していきましょう。

本当に公平?DD方式の国内証券会社の真実

まず、DD方式のFX会社は、顧客の注文と反対売買をした時点で、相場のリスクに晒されています。

この時に「スイスフランショック」や「フラッシュクラッシュ」のような突然の相場変動が起こったらどうでしょうか?

会社のお金を相場というリスクに晒したままにするはずがありません。意図的なシステムダウン、異常なスプレッドの拡大やスリッページが起こる可能性があります。

上記は楽天FXですが、相場急変動時に異常なスプレッドの拡大をしています。ポジションを持っていたトレーダーは、スプレッドにとても耐えられる状態ではないでしょう。

非情に見えるかもしれませんが、FX会社は投資家の資金よりも会社の運営を優先させます。国内証券であれば、追証があるので大きな借金を抱える可能性もあります。

突然の相場変動だけではありません。もしかしたらFX会社の今期の売上目標が達成できないからという理由で、スリッページを故意に発生させる可能性もあります。その可能性があるだけで、投資のリスクが未知数です。

この部分が取引環境が不透明なDD方式の最大の欠点です。

また国内証券会社の中には、MT4ではなく、なぜかオリジナルの取引ツールを作っている会社も多くあります。なぜわざわざオリジナルの取引ツールを作るのかも考えてみてほしいところです。

編集室いぬいのプロフィール画像

やや内容が否定的になってしまいましたが、DD方式だから勝てないということはなく、100%入金ボーナスを利用して取引したり、ゼロカットがある海外FX会社は利用する価値は十分にあります。

NDD(ノーディーリングデスク)方式のメリットとデメリット

次は、NDD方式のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット
  • 取引環境の透明性が高い
  • 顧客が儲け取引回数が増えれば、儲FX会社も儲かる
  • 提携のLPが多いほど最適なレート提供を受けられる
デメリット
  • STP方式のスプレッドが若干広い
  • 約定に遅延が生じる可能性がある

NDD方式のFX会社を利用するメリット

NDD方式のメリット

NDD方式は、FX会社が取引には関わらないので透明性がとても高いです。

また、DD方式のFX会社のように利益相反にはならず、顧客が儲けて取引を行うほど、FX会社もスプレッドや取引手数料による利益を上げることができます。

なので、FX会社は顧客に利益を出してもらって、取引回数を増やして欲しいのです。顧客とFX会社はWin-Winの関係ということができます。

外国人イラスト

DD方式と違い、顧客とFX会社の関係が「Win-Win」というのは魅力的ダネ!

NDD方式の海外FX会社の場合は、追証がないですし、取引環境も透明性が高いので相場でのリスクを最小限に抑えることができます。

提携しているLPの数は企業努力の数

公開していない場合もありますが、NDD方式の国内証券会社や海外FX会社を利用する場合は、提携しているLP(リクイディティプロパイダー)の数が大切です。

LPが多いと流動性の確保に繋がり、売買が成立しやすくなります。この結果、約定スピード上昇やスプレッドの縮小など投資家のメリットとなりやすいです。

LP(リクイディティプロパイダー)とは

リクイディティ・プロバイダ-(Liquidity Provider)は、「LP」とも略され、マーケットにおいて、流動性を供給する業者をいいます。これは、外国為替証拠金取引(FX)では、FX業者に対して、為替レートを提示して取引の相手方となる銀行等を指し、またFXの顧客(投資家)から見た場合は、取引プラットフォーム上に提示されるレートの元となる価格を提供するところを指します。

引用:iFinance|リクイディティ・プロバイダ-

NDD方式のFX会社のデメリット

NDD方式のデメリット

もちろんNDD方式のFX会社にもデメリットがあります。

DD方式のFX会社のように、スプレッドや取引手数料以外で利益を上げることができないので、スプレッドが多少広い場合が多いです。

約定に時間がかかる場合がある

「NDD方式のFX会社は、透明性が高いんだからスリッページも約定拒否も起きない!」と思われる方が多いようですが、実はそうではありません。

顧客の注文がインターネットを通じてインターバンク市場に届き、約定されて返されるまでにレイテンシと呼ばれる時間遅延が発生する可能性があります。

これによって、本来のレートから若干ずれて約定したり、MT4でスリッページの許容範囲を「0」に設定していると約定拒否が起こることがあります。

この取引インフラを充実させることもNDD方式のFX会社の仕事と言うことができます。

外国人イラスト

Jesus…NDD方式のFX会社でもスリッページが起こることもあるんだね!

編集室いぬいのプロフィール画像

企業努力によっては透明性が高く、約定スピードも高いサービスを作り上げることは可能です。次は、そんなNDD方式でおすすめのFX会社を紹介します。

NDD方式のおすすめ海外FX会社

NDD方式を採用しており、私が実際に利用しておすすめしたい海外FX会社を2社紹介します。

TitanFX:提携リクイディティプロパイダー50社以上の海外FX会社

TitanFXのイメージ画像

TitanFXは、海外FXの中ではスプレッドは最狭水準で、最大レバレッジ500倍の海外FX会社になります。提携しているリクイディティプロパイダーは50社以上になります。

また、約定スピードを上げるため、「Amazon」や「Google」も利用している世界最大のデータセンター「Equinix」にサーバーを設置しています。

このような通信インフラ・自動スプレッド最小化システムなどTitanFXの独自の技術を詰め込んだ取引システムは「Zero Pointテクノロジー」と呼ばれています。

TitanFXの詳しい取引環境や評判については、下記の関連記事を参考にしてください。

Axiory:情報公開に積極的で最狭水準のスプレッド

Axioryのイメージ画像

AxioryもTitanFX同様、かなりスプレッドは狭く、最大レバレッジ400倍のNDD方式の海外FX会社です。

また情報公開に積極的で、約定スピードやスリッページ率の公開や顧客資金の管理方法と預け先銀行などの情報まで公開しています。

海外FX会社なので、口座資金以上の損失になっても追証を請求されることはありません。透明性の高い環境で取引をしたい方におすすめの海外FX会社です。

Axioryのサービス内容や評判について詳しく知りたい方は、下記の関連記事を参考にしてください。

まとめ

DD方式は、確かに取引環境が不透明な部分がありますが、豪華なボーナスやスプレッドが狭いなどの特徴があるので、ボーナスを利用して大きなロット数で取引したい方には、おすすめです。

ただ、メインでコツコツと取引するなら多少スプレッドが広くてもNDD方式のFX会社を利用することをおすすめします。

知人の億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名限定】
無料EAの10月・9月の成績

億トレーダーが開発・使用している無料自動売買ソフトを期間限定で特別配布させていただくことになりました!バックテストは2003年から2019年まで行なっており、リアルトレード成績も公開しています。

  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 2020年10月の収支:+64,655円

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

TitanFXの静止バナー
  • 業界トップクラスの約定力
  • ノーディーリングデスク(NDD)方式
  • 最速ティア1の金融インフラ
  • 狭いスプレッド
  • 最大レバレッジ500倍
  • VFSC金融ライセンス保持