GemForexのレバレッジは1000倍!|残高制限は?変更&確認方法も

「GemForexのレバレッジ」アイキャッチ画像

GemForexの最大レバレッジは1,000倍で海外FX会社の中でもトップクラスの水準を誇ります。しかしレバレッジが高いことだけがメリットなのでしょうか?

レバレッジの制限はあるのか」や「変更は可能か」など、そのほかにも確認しておきたいポイントがあります。今回は、そんな部分を解説していきましょう。

ここがわかる!
  • 口座タイプや取引銘柄ごとの各レバレッジがわかる
  • 他の海外FX会社とレバレッジを比較することができる
  • レバレッジに制限がかかるケースがわかる
  • レバレッジの変更方法計算方法についてわかる

そもそもレバレッジについてよくわからないという方は、詳しく説明している動画がありましたので、参考にしてください。

億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名様限定】
無料EAの10月・9月の成績
  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 検証期間:2003年〜2019年

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

GemForexの最大レバレッジ

項目オールインワン口座ノースプレッド口座5,000倍口座(限定300口座)デモ口座
最大レバレッジ1,000倍5,000倍1,000倍
マージンコール証拠金維持率50%以下
ロスカット水準証拠金維持率20%以下
最低ロットサイズ0.01ロット(1,000通貨)〜1ロット〜0.01ロット〜
最大ロットサイズ30ロット100ロット

GemForexのレバレッジに関する最大の特徴としては、オールインワン口座とノースプレッド口座どちらも最大レバレッジが1,000倍に設定されていることです。

自動売買(EA)やミラートレードを使用する場合も最大レバレッジ1,000倍でトレードすることができます。

ロスカット水準も証拠金維持率が20%以下になった場合なので、ロスカットされるまで余裕を持ってトレードができるメリットがあります。

オールインワン口座とノースプレッド口座の大きな違いにスプレッドの違いがあります。詳しくは関連記事の「GemForexのスプレッドは狭い!|一覧表&早朝など広がる時間も」を参考にしてください。

GemForexと他の海外FX会社とのレバレッジ比較

中国人のイラスト画像
アル
どのくらいレバレッジが高いのかわかりづらいアル。他の海外FX会社と比べてみろヨ
インベスターのイラスト画像
インベスター
これだけだと確かにわかりづらいですね。XM、TitanFX、Axiory、is6com、FXGTなどの人気FX会社と比べてみましょう
海外FX会社最大レバレッジロスカット水準
GemForex1,000倍証拠金維持率20%以下
XM888倍証拠金維持率20%以下
TitanFX500倍証拠金維持率20%以下
Axiory400倍証拠金維持率20%以下
is6com1,000倍証拠金維持率50%以下
FXGT500倍証拠金維持率50%以下

海外FX会社の中でもトップクラスであることがわかりますね。もう一つ、GemForexのノースプレッド口座に相当するECN口座と呼ばれる口座タイプのレバレッジも比較してみましょう。

海外FX会社ECN口座相当の最大レバレッジロスカット水準
GemForex
ノースプレッド口座
1,000倍証拠金維持率50%以下
XM
ゼロ口座
500倍証拠金維持率20%以下
TitanFX
ブレード口座
500倍証拠金維持率20%以下
Axiory
ナノスプレッド口座
400倍証拠金維持率20%以下
is6com
スタンダード口座のみ
1,000倍証拠金維持率50%以下
FXGT
MT5口座のみ
500倍証拠金維持率50%以下

is6comとFXGTには、ECN口座に相当する口座タイプがありません。XMのゼロ口座は500倍まで下がってしまうことがわかります。しかしGemForexのノースプレッド口座のレバレッジは1,000倍のままです。

GemForexのCFD取引は銘柄ごとにレバレッジが違う

GemForexは為替取引はもちろん、日経225やダウ平均などの現物株価指数CFDに加え、ブレント原油などの先物取引も可能です。ただ注意したいポイントとして、レバレッジが為替取引よりも低く設定されている点です。

株価指数CFDに関しては、GemForexのサポートに確認したところ現物取引となるようです。実際に各CFD銘柄のレバレッジを確認してみましょう。

株価指数CFDのレバレッジ一覧

GemForexでは株式指数CFDの10銘柄の取引が可能です。為替取引よりもレバレッジが低いので、取引の際は一度確認することをおすすめします。

Nikkei225をJPX/JPYと表記されていますが、右側の通貨がチャート上に表示される基軸通貨を表しています。この場合はNikkei225は日本円が基軸通貨です。

銘柄最大レバレッジ
Nikkei225
JPX/JPY
200倍
CAC40 (FRA40)
CAC/EUR
100倍
DAX (GER30)
DAX/EUR
100倍
FTSE 100 (UK100)
FTX/GBP
100倍
NASDAQ (US100)
NAS/USD
100倍
US30 (DJ30)
DOW/USD
100倍
US500 (S&P500)
S&P/USD
100倍
ASX200 (AUS200)
ASX/AUD
100倍
Euro50 (EUSTX50)
ESX/EUR
100倍
Hang Seng50 (HK50)
HSX/HKD
66.7倍

エネルギーCFDのレバレッジ一覧

エネルギーCFD商品は2種類の取引が可能です。

銘柄最大レバレッジ
BRENT
BRT/GBP
66.7倍
WTI Light Sweet (WTIUSD)
WTI/USD
66.7倍
中国人のイラスト画像
アル
XMとか大手の海外FX会社もCFD銘柄の最大レバレッジは低く設定されてることが多いアル

GemForexのレバレッジが制限されるケース

GemForexに限らず、どの海外FX会社でも一定の口座残高を越えるとレバレッジが制限されます。GemForexの場合は、200万円を越えるとレバレッジが500倍に制限されます。

最大レバレッジ1,000倍の取引環境を維持したいなら、口座残高を200万円未満にしておく必要があります。また補足として次のポイントも確認しておきましょう。

  • CFD銘柄については口座残高に関係なく個別のレバレッジが有効
  • あくまで口座残高なのでボーナスは含まれません

他の海外FX会社とのレバレッジ制限比較

他の海外FX会社も口座残高によってレバレッジに制限を受けると説明しましたが、どのように制限されているのか表を作成してみました。

XM、TitanFX、Axiory、is6com、FXGTの海外FX会社で比較しています。

口座残高GemForexXMTitanFXAxioryis6comFXGT
0円〜1,000倍888倍500倍400倍1,000倍500倍
200万円〜500倍200倍500倍
500万円〜200倍
1,000万円〜100倍300倍100倍
2,000万円〜200倍
〜2億円200倍

こうしてみると口座残高が多くても最大レバレッジ500倍を維持しているGemForexは優秀ですね。ただし、GemForexでは1口座で30ロット(300万通貨)を越える新規発注に制限がかかってしまうので、30ロットを超えるような大口取引には向きません。

GemForexのレバレッジの変更方法

GemForexでは、レバレッジの変更はできません。スタンダード口座・ノースプレッド口座どちらも最大レバレッジは1,000倍に設定されています。

どうしてもレバレッジを制限したい時は、取引口座残高を200万円以上を維持して最大レバレッジを500倍に制限するしかありません。

インベスターのイラスト画像
インベスター
レバレッジが高くてもロット数を調整することでリスク管理が可能です

レバレッジの確認方法

制限を受けていなければ、基本的に口座タイプがオールインワン口座やノースプレッド口座、デモ口座であれば最大レバレッジは1,000倍。5,000倍口座であれば最大レバレッジは5,000倍です。

また口座番号をGemForexサポートに伝え、現在のレバレッジを確認してもらうと間違いありません。

口座番号の確認方法

GemForexのホームページへアクセスし、会員ページから口座番号を確認できます。

GemForexレバレッジの計算方法について

GemForexレバレッジの計算方法について

冒頭でも述べましたが、レバレッジが高いことのメリットは次のようなことが挙げられます。

  • 証拠金が少なくても大きなロットで取引できる
  • ロスカットまで余裕を持ってトレードができる

実際にどれくらい違うのか、まずは異なるレバレッジで必要証拠金(ポジションを持つために最低限必要な証拠金)を求めてみましょう。必要証拠金は次の式から求めることができます。

必要証拠金を求める式
必要証拠金 = 取引通貨量 ÷ レバレッジ × 現在の為替レート

GemForexのレバレッジが1,000倍、ドル円=¥105の時に、1ロット(10万通貨)のポジションを持つために必要な証拠金を求めます。

100,000通貨 ÷ 1,000倍 × ¥105 = 必要証拠金¥10,500
GemForexの1,000倍レバレッジだと1ロットのポジションを持つのに¥10,500の証拠金が必要

次は国内証券会社の最大レバレッジ25倍、ドル円=¥105の時に1ロット(10万通貨)のポジションを持つのに必要な証拠金を求めてみます。

100,000通貨 ÷ 25倍 × ¥105 = 必要証拠金¥420,000
国内証券会社の25倍レバレッジだと1ロットのポジションを持つのに¥420,000の証拠金が必要

中国人のイラスト画像
アル
これが天と地の差ていうやつアルカ?とにかく凄い差ネ!
インベスターのイラスト画像
インベスター
同じ取引量でここまで必要証拠金に差ができるのはびっくりですね。1ロット貼るために42万円も入金するのはメンタル的に負担も大きいです

レバレッジ1,000倍で耐えられる損失を計算する

同じ資金量で同じロット数の取引をしたら、どれくらい損失に耐えられるのか見ていきます。

次の条件で1ロット(10万通貨)のポジションを持つと、それぞれ何pipsまで損失に耐えられるのか計算します。

  • GemForex:有効証拠金「¥420,000」、最大レバレッジ「1,000倍」、必要証拠金「¥10,500」、ロスカット水準「証拠金維持率20%以下」
  • 国内証券会社:有効証拠金「¥420,000」、最大レバレッジ「25倍」、必要証拠金「¥420,000」、ロスカット水準「証拠金維持率20%以下」

GemForexから計算してみましょう。

まず必要証拠金「¥10,500」が証拠金維持率100%の状態なので、ロスカット水準が証拠金維持率20%ということは
必要証拠金「¥10,500」 × ロスカット水準「1/5」 = 有効証拠金「¥2,100」を下回るとロスカットになります。

有効証拠金が¥420,000あるので、¥420,000 – ¥2,100 = ¥417,900。
1ロット(10万通貨)で1pip=¥1,000の損益になるのでpips換算すると417.9pipsの損失に耐えることができます。

同じ要領で国内証券会社が耐えられる損失を計算してみます。

必要証拠金「¥420,000」が証拠金維持率100%の状態
必要証拠金「¥420,000」 × ロスカット水準「1/5」 = 有効証拠金「¥84,000」を下回るとロスカットになります。

有効証拠金¥420,000 – ¥84,000 = ¥336,000。
1ロット(10万通貨)で1pip=¥1,000の損益になるのでpips換算すると336pipsの損失に耐えることができます。

少し、計算多くてややこしいかもしれませんがGemForexは417.9pips国内証券会社は336pipsの損失に耐えられることがわかりました。

ちなみに国内証券会社はロスカット水準が100%や50%だったり、するので取引前は必ず確認しておきたい部分ですね。

中国人のイラスト画像
アル
学校の授業みたいでつまらないアル
インベスターのイラスト画像
インベスター
ややこしいことは置いとくとロスカット水準が同じであればレバレッジが高い方が損失に耐えられるということです。

GemForexにはさらに100%入金ボーナスがある

GemForexにはさらに100%入金ボーナスがある

GemForexでは口座開設ボーナスと入金額に対して100%のボーナスが付く100%入金ボーナスキャンペーンを定期的に行っています。

このボーナスキャンペーンを利用すると、¥100,000入金するとさらに証拠金として使えるボーナスが¥100,000追加され、合計¥200,000の証拠金が獲得できます。

詳しくは、GemForexのボーナスプロモーションから確認できます。

まとめ

GemForexでは、やはり高レバレッジを活かした少ない証拠金でのハイレバレッジトレードがおすすめです。

もちろんリスク管理をする必要がありますが、100%入金ボーナスと高いレバレッジを活かせるトレード環境は、他の海外FX会社でも滅多にありません。最後にここまで読んでいただきありがとうございます。

GemForexの静止バナー
  • リクオートなしの優れた約定力
  • 豪華なボーナス制度
  • 設立9年の運営歴
  • 最大レバレッジ1000倍
  • 業界最狭水準の低スプレッド
  • 豊富なEA・ミラートレードにも対応