GemForexのミラートレード設定方法|評判と実績も徹底調査

GemForexのミラートレード設定方法|評判と実績も徹底調査

GemForexはもともとFX自動売買の無料提供サービス「GemTrade」を運営していたこともあり、EAやミラートレードに強い海外FX会社です。

今回はそんなGemForexが提供しているミラートレードについて解説していきます。

中国人のイラスト画像
アル
自動売買は聞いたことあるケド、ミラートレードははじめて聞いたネ!メリットとかデメリットも知っておきたいアル
インベスターのイラスト画像
インベスター
わかりました。では次のポイントがわかるように解説していきますね
ここがわかる
  • GemForexのミラートレードのSNSでの評判がわかる
  • ミラートレードの利用条件がわかる
  • ミラートレードの設置手順がわかる
  • gemForexのミラートレードのメリット・デメリットがわかる
  • ストラテジーの選び方がわかる

GemForexのミラートレードとは

GemForexのミラートレードは、ストラテジーを配信しているトレーダーや自動売買をフォローすることで、そのトレーダーまたはシステムと同じ取引をすることが可能です。

鏡(ミラー)のように取引することからミラートレードと呼ばれています。GemForexのミラートレードと自動売買の違いには次のようなものが挙げられます。

項目ミラートレード自動売買
MT4必要なし必要
ツール・EAのダウンロード必要なし必要
VPS必要なし必要
パソコンスマホでOK必要
最低入金額やや多い少ない
手間かからないかかる

自動売買との大きな違いは、T4もVPSも最悪パソコンも必要ないことです。

GemForexに直接注文をシステムが発注するので、ミラートレードの利用者は会員ページからストラテジー(戦略)を選んで稼働させるだけで取引してくれます。

VPS(Virtual Private Server)とは:日本語に訳すと「仮想専用サーバー」の意味があります。複数のユーザーで1つの物理サーバーを共有し、個々に仮想環境を作ります。仮想的に専用サーバーと同等の自由度・性能を利用できるメリットがあります。

GemForexミラートレードのSNSの評判

ミラートレードが簡単に始められることはわかりましたが、そもそも勝てるのかが一番重要なポイントです。

実際に運用している方の口コミを掲載しています。

勝っている方と負けている方もいるようですが、収支内容はあまり公開されていませんでした。ストラテジー配信者によっては勝てる可能性があるという印象です。

GemForexミラートレードの利用条件と制限について

GemForexの取引口座の資金残高によって、運用できるストラテジーの数が異なります。

ポートフォリオを組む上で、いくつかのストラテジーを同時運用することはリスク分散にもつながります。

ユーザー区分資金残高利用制限
ユーザー区分「ビギナーズ」
ビギナーズ
円口座:¥50,000~¥100,000未満全てのストラテジーの中から1つ運用可能
ユーザー区分「アドバンス」
アドバンス
円口座:¥100,000~¥200,000未満全てのストラテジーの中から3つ同時運用可能*
ユーザー区分「プロフェッショナル」
プロフェッショナル
円口座:¥200,000~¥300,000未満全てのストラテジーの中から5つまで同時運用可能*
ユーザー区分「マスターズ」
マスターズ
円口座:¥300,000~全てのストラテジーの中から無制限に同時運用可能

*:資金残高が5万円以下になるとストラテジーの追加はできなくなります。

USD口座の場合は、ビギナーズが「$500~$1,000未満」となります。

GemForexでミラートレードができるのはスタンダード口座のみ

GemForexには、スタンダード口座・ノースプレッド口座・レバレッジ5,000倍口座の3種類がありますが、ミラートレードの運用ができるのはスタンダード口座のみです。

すでにノースプレッド口座などを開設してしまっている方も、追加口座を開設することでミラートレード専用のスタンダード口座を開設することができます。1アカウント4つまでの口座開設が可能です。

GemForexの追加口座についてや開設手順については、関連記事の「GemForexの追加口座開設手順|複数口座を持つ注意点とは」を参考にしてください。

複数口座でミラトレードを運用する場合の注意点

ミラートレード専用口座を2つ以上で運用する場合は、同通貨建ての同時運用はできません。USD口座と円口座でなら複数口座での運用が可能です。

口座A口座B複数口座運用の可否
USD口座USD口座不可
USD口座円口座可能
円口座円口座不可

億トレーダーが開発したおすすめの無料EAを特別公開中!

GemForexで勝てるストラテジーを見つけるのは大変ですし、GemForexのミラートレードのストラテジーは期間が1年未満のものばかりで信頼性に欠けます。

今回は、私が普段お世話になっている億トレーダーの方が自身で開発した無料EAを試験的に公開させてもらうことになりました。

バックテストの結果は次の通りです。

無料EAのバックテスト成績

バックテストの検証期間は2003年から右肩上がりで、月利10%程度を誇ります。2004年以前まで検証しているEAは少なく、一度使用してみる価値は十分にあります。

バックテストも大事ですが、直近のリアルトレードの実績もご覧ください。

無料EAの2020年8月と7月の成績

チャートに張り付かず運用でき、副業としても最適です。デモ口座での検証にも対応しているので、気になる方は次の記事で詳細を記載しています。

GemForexのミラートレードを使うメリット

冒頭でも簡単に触れていますが、GemForexのミラートレードを使うメリットは次のようなものが挙げられます。

メリット
  • 無料で利用できる
  • ボタン1つでオンオフが可能
  • 500種類以上のストラテジーが使い放題
  • VPSやMT4を使わずスマホのみでもOK
  • ボーナスを利用できる
  • 口座資金50万円以上で無料VPSが利用可能
  • チャートに張り付く必要がない

500種類以上のストラテジーが使い放題

500種類以上のストラテジーが使い放題

選べるストラテジーは500種類以上にもなり、詳細から勝率やプロフィットファクター、取引回数など選ぶ上で重要な数値を確認できます。

お互いの弱点を補えるようなポートフォリオが組めれば、ローリスクで資産を運用していくことも可能でしょう。

VPSやMT4を使わずスマホのみでも運用可能

自動売買ソフト・EAの弱点は有料でVPSを設置したり、MT4をダウンロードし、自動売買ソフトを設定する必要があるなど手間がかかります。多少パソコンについての知識も必要です。

それに対し、ミラートレードはGemForexの会員ページから設定するだけなので、MT4やVPS、最悪パソコンすらなくても運用できます。

ミラートレードのシステムがGemForexに直接注文を発注するので、MT4を通す必要がないのです。

口座開設ボーナス・入金ボーナスが利用できる

GemForexの醍醐味といえば、豪華なボーナスですがミラートレードをする際もその恩恵を受けることができます。

ボーナスは基本的にスタンダード口座のみ対象で、100%入金ボーナスなどを利用して入金すると入金した資金の倍の証拠金でミラートレードの運用が可能です。

100%入金ボーナスを利用した時の入金例は次の通りです。

入金額反映ボーナス合計額
¥100,000¥100,000¥200,000
¥500,000¥500,000¥1,000,000

詳しくは、GemForexの最新キャンペーンを確認ください。

ボーナスの詳細や注意事項については次の関連記事をご覧ください。

GemForexのミラートレードを使うデメリット

一見メリットが大きいミラートレードですが、次のようなデメリットもあります。
デメリット
  • 最低口座資金が5万円以上
  • トレード技術が身に付かない

最低口座資金が5万円以上

「ビギナーズ」のランクでも口座残高が最低5万円以上必要です。

スタンダード口座での裁量トレードであれば、通常¥100($1)~となっているので、それと比べるとハードルは高いです。

トレード技術が身に付かない

テクニカルトレーダーは、チャートを分析・検証・実践してトレード技術を磨いていきますが、ミラートレードに運用を任せていてはトレード技術は磨けません。

ただ「トレードは勝ててなんぼ」の世界なので、勝てればツールはなんでもいいのかもしれません。

始めにミラートレードの利用申請をしよう

ここからは実際にミラートレードを運用するにあたって、その設定手順を解説していきます。

まだ口座開設をしていない方は、GemForexの口座開設フォームから口座を開設してください。開設手順は「GemForexの口座開設方法|必要書類・ボーナスも【所要時間3分】」を参考にしてください。

始めにミラートレードの利用申請をしよう

まだミラートレードのアカウントを作成していない方は、GemForexの公式サイトから会員ページにログインし、ホーム画面を下にスクロールします。

するとミラートレードの欄があるので、そこから「新規登録する」をクリックします。

「アカウントを作成しますか?」というポップアップが出るので、OKをクリックすれば、すぐにアカウントの作成が可能です。

ミラートレード専用口座を持っていない方は、「ミラートレードにログイン」をクリックして、ミラートレード専用のスタンダード口座を追加開設してください。

ミラートレードの許可方法

口座が開設できたら、ユーザーマイページの「保有口座一覧」をクリックして、「ミラートレード許可」をクリックします。

ミラトレード用の口座申請

会員ページの左メニューにミラートレードの欄が追加されていますが、最初はデモ口座が設定されています。

ミラートレードを許可した口座を申請する必要があるので、次の手順で進めてください。

左メニューからJPY口座なら「GEMFOREX(JPY)口座開設・情報申請・変更」、USD口座なら「GEMFOREX(USD)口座開設・情報申請・変更」を選択します。

ミラートレードで使用する口座番号を選択して、更新をクリックしましょう。

数時間後、ミラートレードをリアル口座で利用できるようになります。私の場合は数分程度で利用できるようになりました。

GemForexのミラートレードを稼働させる

ここまできたらあとは、ストラテジーを選択して稼働させるだけです。

ミラートレード稼働手順

GemForexの公式サイトから会員ページにログインができたら左メニューの「ストラテジーリスト」を選択します。

「ストラテジー検索・追加はこちら」をクリックして使用したいストラテジーを選択します。

ミラートレード稼働手順

ストラテジーをクリックすると成績グラフや勝率、プロフィットファクターなど重要な指標を確認することができます。

内容に問題なければ、「〇〇を利用する」をクリックします。

ミラートレード稼働手順

次の画面で運用する倍率の設定を行います。

推奨証拠金が記載されているので、資金残高が同じ金額あれば1倍で基本的に問題ありません。推奨証拠金の2分の1しか口座残高がない場合は、倍率を0.5倍に設定するといいでしょう。

推奨証拠金資金残高倍率
¥100,000¥100,0001倍
¥200,000¥100,0000.5倍

あくまで目安なので、ローリスクの運用をしたければさらに低い倍率の設定がおすすめです。「新規登録」をクリックして、ストラテジーの追加は完了です。

ミラートレード稼働手順

ストラテジーリスト追加したストラテジーがあるので、あとは稼働と停止を切り替えるだけで、自動的に取引してくれます。

入金は忘れずに!

GemForexのストラテジーの選び方

ストラテジーの選び方について簡単に説明します。

始めにお伝えしたいポイントとして、GemForexのミラートレードはトレード期間が2年未満のストラテジーが多く、今後の見通しがしづらいものが多いです。

自動売買にも当てはまることですが、検証期間のデータなども公開してほしいところです。取引期間が長く安定していることが1番の重要事項ですが、そのほかにも確認したいポイントは次の通りです。

  • 取引回数
  • 勝率
  • 平均収益
  • 平均損失
  • プロフィットファクター(PF)
  • 最大ドローダウン
  • 総獲得pips

勝率が100%などあまりに高いものは勝つまで、ポジションを保有している可能性があるので危険です。

私がお世話になっている億トレーダーの方のEAは2003年からのバックテストを行なっているので、信頼性の高いEAとなっています。興味のある方は「FX億トレーダーが開発した無料EAを提供中【先着15名限定】」をご覧ください。

GemForexの静止バナー
  • リクオートなしの優れた約定力
  • 豪華なボーナス制度
  • 設立9年の運営歴
  • 最大レバレッジ1000倍
  • 業界最狭水準の低スプレッド
  • 豊富なEA・ミラートレードにも対応