GemForexの出金まとめ|手数料や着金日数・出金拒否の有無まで

「GemForexの出金」アイキャッチ画像
男性イメージ
GemForexの出金について知りたいけど、この記事ではどんなことがわかるの?
編集室いぬいのプロフィール画像
この記事を読み終わるまでには、GemForexの出金に関するルールや出金手数料、出金にかかる時間、出金手順について詳細に理解できるようになります。
出金方法基本通貨手数料受け取り手数料(被仕手向送金手数料)最低出金額反映時間
銀行送金JPY無料*1¥2,000〜¥4,000¥13〜5営業日
bitcoin*2bitcoin無料各取引所の手数料0.1BTC1〜3営業日
bitwallet*2USD,JPY無料¥824¥11〜3営業日

*1:ボーナスのみでの取引および一度も取引せずに出金する場合は、一律¥4,500自己負担。海外口座へ送金する場合は、月2回目以降は1回あたり出金額の2%(20万円以下の場合は一律¥4,500)がかかります。

*2:2020年2月現在、bitcoinと電子決済サービスのbitwalletによる出金ができません。

億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名様限定】
無料EAの10月・9月の成績
  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 検証期間:2003年〜2019年

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

GemForexの出金ルール・条件について

GeomForexで出金する際に確認しておきたい主なルールは以下になります。詳しくは以下で解説しています。

出金ルール
  • 一度も取引しないで出金すると一律¥4,500の手数料がかかる
  • ボーナスのみで得た利益の出金は一律¥4,500の手数料がかかる
  • 海外口座への出金する場合、月2回目以降は手数料がかかる
  • 受け取り手数料・中継銀行手数料がかかる場合がある
  • 出金する銀行口座は取引口座と同一名義であり、居住国かつ国籍のある金融機関の口座である
  • クレジットカードで入金した場合にはカード表面画像の提出が必要
  • ポジションを保有している場合は出金不可
  • 一度でも出金するとボーナスが全て消失する

出金手数料がかかるケースがある

GemForexの出金手数料は基本無料です。

ただ出金ルールに記載の通り、一度も取引をしていない、または口座開設ボーナスなどのボーナスのみで取引をした場合は、一律¥4,500の出金手数料がかかります。

海外口座へ出金する場合は、月に一度までは無料ですが2回目以降は出金額の2%、また20万円以下の場合は一律¥4,500の出金手数料がかかります。

出金可能な銀行口座の条件

銀行送金にて出金する場合は、GemForexの取引口座名義と指定する銀行口座の名義が同一である必要があります。

また、本人の居住国かつ国籍のある国内金融機関の口座でのみ出金が可能です。

口座名義は本人である必要があり、親族の名義であっても出金はできません。

クレジットカードでの出金はできない

クレジットカードの画像

GemForexでは、クレジットカードでの入金は可能ですが、出金はできません。

クレジットカードで入金を行なった場合は、使用した全てのクレジットカードの表面画像と本人とクレジットカードの両方が写ったセルフィー画像の2種類を提出する必要があります。

カード番号を確認するために画像の提出が義務化されています。画像の提出が完了しなければ、出金手続きを行うことができません。

アンチマネーロンダリング(AML)規約の観点から入金経路と出金経路は同一である必要があるのですが、GemForexでは経路がバラバラでも出金が可能です。

ポジションを保有時は出金することができない

XMなどではポジションを保有していても一定の証拠金維持率を保っていれば、出金を行うことができますが、GemForexはできません。

出金する場合は、保有しているポジションを決済して、出金手続きを行う必要があります。

一度でも出金するとボーナスが消失する

GemForexでは、口座開設ボーナスや入金ボーナスがありますが、それらによって獲得したボーナスは一度でも出金すると全て消失します。

入金ボーナスキャンペーンは不定期に行なっているので、ボーナスが消失しても入金キャンペーン当選時に入金することでボーナスを再度獲得することは可能です。

GemForexのボーナスについては、下記の関連記事でも詳しく解説しているので合わせて参考にしてください。

GemForexの出金手数料について

出金方法手数料受け取り手数料(被仕手向送金手数料)
銀行送金基本無料¥2,000〜¥4,000
bitcoin無料各取引所の手数料
bitwallet無料¥824

GemForex側でかかる出金手数料は、前述したボーナスのみの取引や一度も取引をせずに出金する場合などを除いて無料です。

ただし海外送金で国内銀行口座に出金する場合やbitwalletの口座から国内銀行口座に送金する場合は、それぞれ手数料がかかります。

受け取り手数料・中継銀行手数料がかかる

銀行送金などで出金する場合、GemForex側でかかる出金手数料が無料でも、国内銀行口座での受け取り手数料(被仕向送金手数料)・中継銀行手数料がかかります。

この手数料は大体¥2,000〜¥4,000程度になり、各銀行によって異なります。

出金先の国内銀行の手数料一覧

主な金融機関の受け取り手数料は、下記を参考にしてください。

リフティングチャージとは海外送金をする場合に、通貨の両替を伴わない時に発生する手数料で、例えば円で送金し円で受け取る場合にかかる手数料を指します。

銀行名SWIFTコード被仕向送金手数料+リフティングチャージ参考
沖縄銀行
BANK OF OKINAWA
利用不可
北海道銀行
HOKKAIDO BANK
利用不可
みずほ銀行
MIZUHO BANK
MHCBJPJT個人:¥2,500
法人:¥1,500+送金額の0.05%(最低¥2,500)
みずほ銀行|外国送金を利用したい
三菱UFJ銀行
MUFG BANK, LTD
BOTKJPJT¥1,500+送金額の0.05%(最低¥2,500)三菱UFJ銀行|外為手数料
北洋銀行
NORTH PACIFIC BANK
NORPJPJP¥1,500+送金額の0.05%(最低¥2,500)北洋銀行|外国送金手数料
楽天銀行
RAKUTEN BANK
RAKTJPJT¥2,450楽天銀行|海外送金・外貨送金の受取
りそな銀行
RESONA BANK
DIWAJPJT¥1,500+送金額の0.05%(最低¥2,500)りそな銀行|手数料情報
埼玉りそな銀行
SAITAMA RESONA BANK
SAIBJPJT¥1,500+送金額の0.05%(最低¥2,500)埼玉りそな銀行|手数料情報
住信SBIネット銀行
SBI SUMISHIN NET BANK
NTSSJPJT¥2,500+リフティングチャージ(記載なし)住信SBIネット銀行|外貨送金受取サービス
ソニー銀行
SONY BANK
利用不可
三井住友銀行
SUMITOMO MITSUI
BANKING CORPORATION
SMBC JP JT¥1,500+送金額の0.05%(最低¥2,500)三井住友銀行|よくある質問
滋賀銀行
THE SHIGA BANK
利用不可
愛媛銀行
THE EHIME BANK
利用不可
福岡銀行
THE BANK OF FUKUOKA
FKBKJPJT¥1,500+送金額の0.05%(最低¥2,500)福岡銀行|被仕向送金
横浜銀行
THE BANK OF YOKOHAMA
利用不可
西日本シティ銀行
THE NISHI-NIPPON CITY BANK
利用不可
ゆうちょ銀行
Japan Post Bank
利用不可

※上記の手数料は円建送金を、円預金で受け取る場合の手数料になります。

利用不可はGemForexで出金先に指定することができない銀行になります。

銀行によって海外送金が拒否される場合も

楽天銀行の海外送金について

為替取引は事業ではないかもしれませんが、楽天銀行のように事業目的の海外送金を禁止するなど、個々の金融機関によって着金拒否される場合が、少なからずあるようです。

公式サイトで一度、海外送金について確認しておくことをおすすめします。

受け取り手数料がかからない場合も

GemForexからの出金履歴

以前、私自身がGemForexの取引口座から¥240,601を国内銀行口座に出金した際、受け取り手数料が差し引かれずにそのまま¥240,601円が着金していました。

GemForex側に理由を確認したところGemForexからの送金には、国内送金と海外送金の方法があることがわかりました。

国内送金で送金された場合には、受け取り手数料がかからずに出金することができると回答がありました。

ただ国内送金と海外送金の選択をこちらですることはできず、GemForex側によって決められるので、受け取り手数料がかかる場合とかからない場合があるとのことでした。

やや中途半端ですが、この点は他の海外FX業者にはないメリットということができそうです。

出金にかかる日数(時間)について

出金方法着金反映時間
銀行送金3〜5営業日
bitcoin1〜3営業日
bitwallet1〜3営業日

基本的に出金方法ごとの着金時間の目安としては、上記のとおりです。

実際に出金した時の着金時間

上記画像は、私が以前に銀行送金にて出金した時の画像です。出金依頼をしてから国内銀行口座に着金するまでにわずか1日しかかかりませんでした。

様々なケースがあるので一概には言えないですが、銀行送金でも比較的早く出金することは可能なようです。ただし国内銀行は土日祝が休みなので、その点は押さえておきましょう。

bitwalletであれば、bitwallet口座に着金するまでの時間は銀行送金よりも比較的早く出金が可能で便利な出金方法ですが、2020年2月現在は利用することができません。

出金額が大きいと着金までに時間がかかる

目安として100万円以上の出金を行う場合、4〜5営業日ほど着金に時間がかかることが多いようです。

GemForex側で処理に時間がかかるのか不明な部分ですが、急いでいる場合には小分けにして出金するなどする必要がありそうです。

銀行送金での出金方法について

出金方法基本通貨手数料受け取り手数料(被仕手向送金手数料)最低出金額反映時間
銀行送金JPY無料¥2,000〜¥4,000¥13〜5営業日

ここからは、実際に銀行送金での出金手順について解説します。

銀行送金の特徴としては、入金額分と利益分の出金がまとめて行える点に加え、GemForex側で国内送金にて処理してくれれば国内銀行の受け取り手数料もかからないというメリットがあります。

GemForexでは、以下の金融機関の出金には対応していません。またSWIFTコードを持たない銀行や海外送金に対応していない銀行への出金もできません。

  • ゆうちょ銀行
  • ソニー銀行
  • 横浜銀行
  • 沖縄銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 滋賀銀行
  • 北海道銀行
  • 愛媛銀行

銀行送金での出金手順

はじめにGemForexのトップページから会員ページへログインします。

GemForexマイページのホーム画面

ログイン後、ホーム画面のメニューから「個人情報登録」をクリックします。

出金する前に国内銀行口座情報の登録をする必要があります。

振込先銀行口座の登録画面振込先銀行口座の登録画面2

ページを下に少しスクロールすると「振込(出金)先情報」の項目があります。

送金先にする銀行口座情報を以下を参考に記入していきます。

  • 銀行名:SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION
  • 支店名:Tokyo Chuo
  • 口座番号:1234567
  • 口座名義:Taro Yamada
  • 銀行コード:0009
  • 支店コード:015
  • スイフトコード:SMBC JP JT
  • お客様現住所:1-2-3 Higashiueno, Taito-ku, Tokyo-to, Japan
    (東京都台東区東上野1-2-3)
  • 銀行所在国:Japan
  • 銀行住所:1-1-2, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan

各銀行コードとSWIFTコードはギンコード.comから確認することができます。

現住所を英語変換したい場合には、住所を英語表記にできるサイト君に届け!を利用してみてください。

ページを下にスクロールすると「登録確認」というボタンがあるのでクリックして、保存します。

次にページの左上にあるユーザーマイページのメニューから「ご出金」を選択します。

出金額の記入画面

表示されたページを下にスクロールすると「ご出金依頼」という項目があるので、GemForexの出金する口座に間違いがないかを確認します。

次に出金する金額を記入します。

先ほど登録した出金先の口座情報に間違いがないかを確認し、ページ下の「上記出金ルールに同意します」にチェックを入れたら「上記内容にて出金する」をクリックします。

忘れがちなのですが、最後にGemForexから確認メールが届きます。

GemForex出金確認のメール

このメールのURLをクリックしてはじめて出金リクエストを完了することができます。有効期限が45分しかないので、メールが届き次第すぐにクリックします。

後はGemForex側の処理が終われば、出金完了メールが通知されるはずです。

出金拒否はあるのか

海外FX業者を利用する上で出金拒否は、まず心配する部分です。

よく出金方法が複雑で着金まで時間がかかったり、必要書類の提出をしていないなど、投資家の勘違いによってSNSで広がってしまう場合があります。

しかし、GemForexは2014年から運営しており、元運営会社のGemTradeからの活動を含めると10年以上の運営歴があるFX会社です。

開設口座数も26万を超えており、不当な理由で出金拒否をするメリットはあまりありません。また私や友人含めGemForexでの出金拒否にあったことはありません。

投資家側のミスや不正で出金拒否になる例をいくつか下記に紹介します。

  • ポジションを保有したまま出金依頼をする
  • 本人確認書類を提出していない
  • 業者間の両建て・アービトラージなどの禁止行為で得た利益の出金
  • 10lot以上の取引でGemForex側に事前連絡していない
  • ボーナスの不正利用
  • SWIFTコードのない銀行への出金

GemForexの取引ルールなどを確認し、一度取引してみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

2020年2月現在は、GemForexでの出金方法は銀行送金(海外送金)しかありません。

銀行送金の出金手数料は基本無料で、受け取り手数料とリフティングチャージも国内送金の場合はかからないことを説明してきました。

入金方法は豊富ですが、出金方法は「銀行送金のみ」というのがGemForexの特徴です。それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

GemForexの静止バナー
  • リクオートなしの優れた約定力
  • 豪華なボーナス制度
  • 設立9年の運営歴
  • 最大レバレッジ1000倍
  • 業界最狭水準の低スプレッド
  • 豊富なEA・ミラートレードにも対応