XM追加口座まとめ|複数口座の開設・資金移動時のボーナスの扱いも

「XM 追加口座」のアイキャッチ画像

XMの追加口座の開設方法やログイン方法の説明はもちろん、複数口座を持つメリット・注意点、裏ワザ的な活用方法まで詳しくまとめています。

XMでは1アカウントで8つの追加口座が開設可能です。国内証券会社で追加口座を作れるところはほとんどありません。

追加口座開設方法の説明の前に、追加口座には以下の特徴・ルールがあることを押さえておきます。

  • 1つのアカウントで8つの追加口座を持つことが可能
  • 必要書類の提出や審査はなし
  • 口座開設ボーナスなし
  • 90日間取引しないと休眠口座になる
これらの特徴・ルールの詳細は、記事の後半部分で解説しています。

まだXMの口座開設をしていない方は、関連記事の手順を参考に新規アカウントを作成してください。

XM追加口座の開設方法

まずは下記のボタンをクリックし、XMの会員ページへログインします。

追加口座の開設手順1
追加口座の開設手順1(スマホ)

ログイン後ホーム画面で「追加口座を開設する」をクリックします。

追加口座の開設手順2
追加口座の開設手順2(スマホ)追加口座の開設手順2(スマホ)

「取引口座の詳細」と「パスワード」の設定を行い、「利用規約」に問題がなければ、クリックしてチェックを入れます。

取引口座の詳細設定は主に以下の項目の設定を行います。

  • 取引プラットフォーム:MT4とMT5のどちらかを選択
  • 口座タイプ:スタンダード口座・ゼロ口座・マイクロ口座の選択
  • 口座の基本通貨:MT4やマイページに表示される通貨の設定(JPYで設定)
  • レバレッジ:1〜888倍まで設定が可能
  • 口座ボーナス:ボーナスの受け取りの可否
  • パスワード:小文字・大文字・数字をそれぞれ使用

口座の基本通貨に関しては、特に理由がなければJPYで設定することをおすすめします。JPY以外だと確定申告などの際に処理が複雑になる場合があります。

ボーナスの受け取りについては拒否するメリットがないので、基本的に「はい」を選択します。

XMの口座タイプについては、下記関連記事でも詳しく解説しているので参考にしてください。

全ての項目の設定が完了すれば、「リアル口座開設」をクリックします。

追加口座の開設完了

これで、追加口座の開設は完了です。手間も少なく口座開設後すぐに追加した口座を利用して取引を行うことが可能です。

登録しているメールアドレス先にXMからメールが届き、「MT4のID」と「MT4の指定サーバー」が確認できます。

追加口座でMT4にログインする方法

MT4のログイン情報

追加口座の開設が完了すると上記のメールがXMから届くので、これらのユーザー情報をもとにMT4を起動し、ログインをします。

MT4ログイン方法

画像のように「ファイル」→「取引口座にログイン」の順番にクリックし、「MT4ID」「パスワード」「サーバー」の入力をします。

パスワードは、追加口座開設時に設定したパスワードを入力します。

XMのMT4のセットアップに関しては、下記の関連記事でも詳しく解説しているので参考にしてください。

MT4にログインできない

サーバーリストの一括取得手順3

MT4にログインできない場合は、XMから指定されているサーバーに間違いがないかを確認してください。

サーバーリストに指定のサーバーが表示されない場合は、下記手順を参考にサーバーリストをスキャンします。

「ファイル」→「デモ口座の申請」をクリックします。

サーバーリストの一括取得手順2

取引サーバーが表示されるので、検索窓に「xmtrading」と入れてスキャンするとサーバーリストを一括取得することができます。

指定されたサーバーが確認できれば、ログインができるようになります。

XMで複数口座を持つメリット

では、ここからはXMで複数口座を持つメリットと注意点について確認していきます。

メリット
  • リスク分散が可能
  • ゼロカットは他口座に影響なし
  • 他の口座タイプやMT4/MT5の試用が可能
  • 資金移動によるレバレッジ制限の回避
  • XMPボーナスの共有が可能

リスク分散が可能・ゼロカットも他口座に影響なし

スキャルピングやスイングトレード、EA自動売買、スワップ取引など手法によって口座タイプを使い分けることでリスク分散になる上、それぞれどのような損益結果か取引履歴を確認するのも簡単です。

またゼロカットになってしまった場合、1つの口座だけだと全ての口座資金を失いますが、複数の口座に資産を分散しておくことで1つの口座がゼロカットされても他の口座は残高に影響を受けません。

他の口座タイプやMT4/MT5の試用が可能

XMにはスタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座の口座タイプがあり、それぞれ特徴が異なるので試しにどのような違いがあるのか、試験的に使用することができます。

またMT4を利用している方はMT5も利用することができます。

ちなみにXMでは口座開設時にMT4を利用するかMT5を利用するか設定しますが、選択した以外の取引プラットフォームを利用することはできません。

例えば以下のように複数口座を使い分けることができます。

口座A
スイングトレード用:スタンダード口座・MT4・レバレッジ888倍
口座B
スワップ取引用:スタンダード口座・MT5・レバレッジ888倍
口座C
スキャルピング用:ゼロ口座・MT4・レバレッジ500倍
口座D
検証用:マイクロ口座・MT5・レバレッジ400倍

資金移動によるレバレッジ制限の回避

XMでは取引口座資金が$20,000を越えるとレバレッジに制限がかかります。

金額(USD)スタンダード・マイクロ口座ゼロ口座
$5~$20,000~888倍~500倍
$20,001~$100,000~200倍~200倍
$100,001~~100倍~100倍

このようなレバレッジの制限を回避するために、他の追加口座に資金を移動することで資金をコントロールすることができます。

もちろん出金することでもレバレッジの制限を回避することができますが、口座間の資金移動であれば、基本的に移動先の口座に資金が即時反映されるので便利です。

XMのレバレッジの詳細については、下記の関連記事を参考にしてください。

XMPが共有できる

XMPの振り分けイメージ

XMのボーナスの1つであるロイヤルティプログラムで獲得できるXMPは、口座間で共有することができます。

これはXMならではの特徴で、追加口座を作成し、資金の入っていないその口座へXMPを振り分けることでボーナスのみの口座を作ることができます。

基本的にボーナスのみの口座を作ることは、口座開設ボーナスを除き、どの海外FX業者でも不可能です。

この点はXMで追加口座を開設する大きなメリットです。XMのボーナスについては下記関連記事でも詳しく解説しています。

XMPを早く貯める裏技

ロイヤルティステータスについて

XMPにはエグゼクティブ・ゴールド・ダイヤモンド・エリートのランクに分けられ、ランクが高いほうが1回の取引で得られるXMPが多くなります。

エリートになるには、100日以上継続的に取引を行う必要があります。1ポジションを取引したその日を1カウント、次の日まで保有すると2カウントとなります。

マイクロ口座の追加口座を開設し、最小の0.01lot(10通貨)でポジションを保有し続ければ、エリートのランクまであげることができます。

XMは同一口座での両建てであれば取引を認めているので、ほとんどリスクなくエリートまでランクを上げることができます。

XMで複数口座を持つ場合の注意点

複数口座を持つ時にはどのような注意点があるのかも解説します。

注意点
  • 休眠口座では維持費がかかる
  • 別名義での追加口座は不可
  • 口座開設ボーナス・入金ボーナスの再支給はなし
  • 資金移動でボーナス消失の場合あり
  • 複数口座での両建ては禁止

休眠口座では維持費がかかる

90日間どの口座でも取引を行わなかった場合、口座に資金がある場合は、毎月1口座につき$5の口座維持手数料がかかり、ボーナス・XMPも全て消失します。

また口座に資金がなくなってから90日間経過すると口座凍結されます。口座凍結された場合は再度、新規口座を開設する必要があります。

いずれかの口座で取引を行なっていた場合は、どの口座も休眠口座になることはありません。この内容に関してはXM側に確認しています。

使わなくなった口座に関しては、資金移動するか解約手続きを行うことをおすすめします。

別名義での追加口座は不可

1つ目の口座を開設した時の名義以外で、追加口座を開設することはできません。

親族であっても別の名義にすることはできないので、追加口座の名義は全て本人のものになります。

口座開設ボーナス・入金ボーナスの再支給はなし

ボーナスの再支給はなし

一度受け取った¥3,000分の口座開設ボーナスや入金ボーナスは、追加口座を開設しても再度、受け取ることはできません。

ロイヤルティプログラムで得られるXMPは、追加口座でも同様に受け取ることが可能です。(ゼロ口座は対象外)

資金移動でボーナス消失の可能性あり

基本的にボーナスに対応しているスタンダード口座・マイクロ口座に資金移動する場合は、移動資金の割合と同じ割合のボーナスが移動します。

例えば、A口座の50%の資金をB口座に移動する場合は、ボーナスの移動は以下のようになります。

A口座移動する資金額移動するボーナスB口座
100万円+ボーナス30万円50万円(100万円の50%)ボーナス15万円(30万円の50%)50万円+ボーナス15万円

ただし、スタンダード口座・マイクロ口座からボーナス対象外のゼロ口座へ資金移動すると本来移行するはずのボーナス分が消失してしまいます。

この点には十分な注意が必要です。

複数口座での両建ては禁止

XMでは、スキャルピングや同一口座内での両建ては禁止されていませんが、複数口座での両建てを禁止しています。

例えばA口座で買い、もう片方のB口座で売りの両建てを行います。

相場が売り方向に急変動した場合に、A口座はゼロカットされて損失を制限できるのに対し、B口座は利益を伸ばすことができます。これが複数口座を利用した両建てです。

禁止手法については、下記関連記事でも触れています。

XMの複数口座の解約手続き

不要になった口座の解約方法について解説します。

下記のボタンをクリックしてXMのマイページへログインします。

XMの追加口座の解約方法

マイページへログイン後、ホーム画面から解約したい口座の「オプションを選択する」をクリックし、「口座を解約する」を選択します。

XMの追加口座の解約方法2

次のページに進み「取引口座を解約する」をクリックすると登録しているメールアドレス宛に、XMからメールが届きます。

未決済のポジションや資金振替の処理中の場合は、それらが完了した24時間経過後に解約手続きをする必要があります。

開設している口座が1つの場合、解約処理に24時間かかります。その間に取引をしたり、資金を入金すると口座が再度有効になります。


XMの追加口座の解約方法3

メール本文中の解約する取引口座のIDを確認し、問題がなければ、本文中の「取引口座を解約する」をクリックします。

XMの公式サイトの最終確認画面が開くので、口座の解約を確定します。

まとめ

ここまでXMの追加口座の開設方法から追加口座を持つことの利点について詳しく解説してきました。

複数の口座があれば、リスク分散やXMPボーナスの共有など様々な取引に活かせるので、ぜひ追加口座を開設してみてください。

XMの記事下CTA
  • 極めて高い約定力
  • 取引ボーナスなど豪華なボーナス
  • 金融ライセンス保持の信頼性
  • 最大レバレッジ888倍
  • ゼロカット対応
  • 海外FX業者の中で最大手