XMロスカットの仕組み|証拠金維持率・強制決済レートの計算まで

「XM ロスカット」のアイキャッチ画像

XMのロスカット水準についてや計算方法について詳しく解説しています。

国内・海外のFX業者によってロスカットの水準が異なり、XMでは以下のような水準に設定されています。

マージンコール
証拠金維持率50%以下で警告
ロスカット
証拠金維持率20%以下で強制決済

またXMの公式サイトには、必要な証拠金や損益を計算できるXM自動計算ツールがあるので、計算が分からないという方は利用してみてください。

無料でXMの口座開設をする
/約3分で完了\
知人の億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名限定】
無料EAの10月・9月の成績

億トレーダーが開発・運用中の自動売買ソフトを提供しています。完全無料なのでFX初心者の方でも負担なくプロ同等の資産運用できます。興味のある方はどうぞ。

  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 2020年8月の収支:¥441,029

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

知っておきたいFX用語の説明

知っておきたいFX用語について

XMのロスカットを理解する上で、知っておきたい基礎用語がいくつかあるので、それぞれ確認していきます。

ロスカットとは

そもそもロスカットとは、未決済ポジションが業者側で設定された一定の証拠金維持率に達することで自動的に決済される仕組みで「強制決済」とも呼ばれます。

XMの場合は、証拠金維持率が20%以下になると強制的に損切りされます。

マージンコールとは

マージンコールとは、保有しているポジションに対して取引口座に十分な証拠金がない場合に、投資家へ警告・要請されることです。

主にロスカットの前にマージンコールがされ、XMでは証拠金維持率が50%以下になった場合に警告がされます。

証拠金維持率とは

証拠金維持率について

証拠金維持率とは、現在保有しているポジションが取引口座の資金に対してどれくらいの比率を占めるのかを表す数字です。

XMでは、MT4でポジションを保有すると上記の画像のように自動的に証拠金維持率が計算されます。

証拠金維持率の計算方法

計算式は以下のようになります。

証拠金維持率の計算式

証拠金維持率=有効証拠金/必要証拠金×100

例として、取引口座資金10万、レバレッジ888倍、ドル円レート100円、1lot(10万通貨)の場合の証拠金維持率を求めてみます。

必要証拠金=(100円×10万通貨)/888倍=¥11,262

証拠金維持率=(¥100,000/¥11,262)×100=887.9%

必要証拠金:ポジションを取るために取引金額に比例して最低限必要な預託金
(取引金額(通貨ペアのレート×通貨単位×枚数)/最大レバレッジ)

有効証拠金:取引口座資金と含み損益を足した金額

国内・海外FX業者のロスカット水準と最大レバレッジ比較

ロスカット水準の図解

実際に国内の証券会社と海外FX業者でロスカット水準と最大レバレッジにどれくらい違いがあるのか、それぞれの公式サイトを参考に比べています。

ロスカット水準とレバレッジには密接な関係があり、最大レバレッジの低い国内証券会社の場合、必要証拠金が多くなるので必然的に海外FX業者よりも損失に耐えることができません。

国内証券会社ロスカット水準最大レバレッジ
SBI証券30%~90%で設定変更可能
(ハイレバレッジ25コース)
25倍
DMM FX100%25倍
GMOクリック証券50%(法人口座100%)25倍
外為どっとコム50%〜100%※25倍
ヒロセ通商100%25倍
みんなのFX100%25倍

※外為どっとコムはロスカット水準を50%〜100%の間10%刻みで設定可能ですが、毎営業日の取引終了時間の直前1時間以内は、設定に関わらず証拠金維持率100%を下回るとロスカットされます。

海外FX業者ロスカット水準最大レバレッジ
XM20%888倍
TitanFX20%500倍
Axiory20%400倍
GemForex20%1,000倍
HotForex20%(マイクロ口座のみ10%)マイクロ口座:1,000倍
プレミアム口座とゼロスプレッド口座:500倍

国内と海外のFX会社で比較してみると圧倒的に海外FX業者の方がロスカット水準が低く、最大レバレッジが大きいことがわかります。

XMのロスカット水準20%のメリット

XMのようにロスカット水準が低く、最大レバレッジが高い場合、損切りまでの値幅に余裕を持って取引を行うことができます。

また、レバレッジが高いことでlotサイズを大きく調整できるのもXMのような海外FX業者の魅力です。例えば1lot(10万通貨)のポジションを持つために必要な証拠金は国内証券会社とXMでいくらになるか、計算してみます。

必要証拠金の計算式

必要証拠金=(取引金額(通貨ペアのレート×通貨単位×枚数)/最大レバレッジ)

1lot(10万通貨)保有するために必要な証拠金

XM:ドル円レート100円、最大レバレッジ888倍、1lot(10万通貨)
必要証拠金=(100円×100,000通貨)/888倍=¥11,262
国内証券会社:ドル円レート100円、最大レバレッジ25倍、1lot(10万通貨)
必要証拠金=(100円×100,000通貨)/25倍=¥400,000

こうしてみると一目瞭然ですが、同じ1lot(10万通貨)を持つのでも、XMは取引口座に必要な証拠金が¥11,262必要なのに対し、国内証券会社の場合は40万円にもなります。

実際にはエントリーできませんが、仮に取引口座資金40万円、1lot、ロスカット水準が100%でエントリーすると少しでもマイナスになると国内証券会社の場合、ロスカットされてしまいます。

国内証券会社でFX取引をする場合は、多額の資金が必要になることがわかります。

XMには新規口座開設ボーナスや入金ボーナス、ロイヤルティプログラムという豪華なボーナスもあるので、資金が少なくてもボーナスを活用して取引が可能です。

XMのレバレッジやボーナスについては下記の関連記事でも詳しく解説しているので、合わせて参考にしてください。

XMのロスカット水準20%のデメリット

デメリットとしては、ロスカット水準が20%だと100%に比べ損失が大きくなってしまうことです。

もちろん大前提としてロスカットは投資家を守る仕組みであり、ロスカットされる前に損切りや資金管理を徹底しなければいけません。

投資家で判断できる範囲が広いので、この部分はメリットにもなります。

XMのロスカットの処理について

XMのロスカットのルール

XMでは保有中のポジションが複数ある時に、証拠金維持率が20%を下回った場合、全てのポジションがすぐにロスカットされるわけではありません。

含み損の大きいポジションから順番に損切りされていき、ロスカット水準をクリアできれば残ったポジションを保有することができます。

XMでは1アカウントで8つまで追加口座を開設することができます。

1つの口座でロスカットされてしまった場合でも、他の取引口座にある残高が差し引かれるということはありません。あくまでロスカットされた口座が対象になります。

また、ロスカットされてしまったからといって口座凍結される心配もありません。

ロスカットレートの計算方法

トレードにおいて保有しているポジションが、どのくらいのpipsまたは価格まで耐えることができるのか把握しておくことは、資金管理の面からも非常に大切です。

そんなロスカットレートの計算方法について解説します。

ロスカットレートの計算式

ロスカットレート=エントリー時のレート-(((取引口座資金-(必要証拠金×ロスカット水準))/取引数量)

それぞれ国内証券会社と海外FX業者でロスカットレートはどうなるか、ロスカット水準と最大レバレッジ以外は同じ条件に計算します。

国内証券会社

  • 取引口座資金:¥500,000
  • ドル円レート:$1/¥100買い
  • ロスカット水準:50%
  • レバレッジ:25倍
  • 取引数量:1lot(10万通貨)

海外FX業者

  • 取引口座資金:¥500,000
  • ドル円レート:$1/¥100買い
  • ロスカット水準:20%
  • レバレッジ:500倍
  • 取引数量:1lot(10万通貨)

国内証券会社のロスカットレートを計算式から求めます。はじめに必要証拠金を求める必要があるので、先述した計算式に当てはめます。

必要証拠金=(¥100×10万通貨)/25倍=¥400,000となり、必要証拠金がわかったので、ロスカットレートを求められます。

ロスカットレート=¥100円-(((¥500,000-(¥400,000×50%))/10万通貨)=100-3=97

国内証券会社の場合、$1/¥100の時にエントリーすると$1/¥97(300pips)まで耐えることができます。

次に海外FX業者のロスカットレートを計算します。先ほどと同様に必要証拠金から求めます。

必要証拠金=(¥100×10万通貨)/500倍=¥20,000となります。

ロスカットレート=¥100-(((¥500,000-(¥20,000×20%))/10万通貨)=100-4.96=95.04

海外FX業者の場合は、$1/¥100の時にエントリーすると$1/¥95.04(496pips)まで耐えることができます。

XMの計算ツール

XM計算ツールのイメージ

XMの公式サイトでFX計算ツールを利用することができます。必要証拠金やpips値、銘柄ごとのスワップ、損益計算などを行うことができます。ただ、ロスカットレートを算出することはできません。

計算ツールでは、下記6項目の計算を行うことができます。

  • オールインワン:必要証拠金やスワップ、ピップ値をまとめて計算可能
  • 通貨:現在レートをもとに換金前と換金後の金額が計算可能
  • ピップ値:1pips変動した場合のピップ値が計算可能
  • 証拠金:必要証拠金の計算が可能
  • スワップ:スワップの買い時と売り時の計算が可能
  • 損益:損切り額と利益額から利確レートと損切りレートの計算が可能

通貨の換金額の計算と損益計算以外は、オールインワン計算で算出することができます。

証拠金やスワップ、ピップ値の計算ツールの使い方については、オールインワン計算ツールで算出できるので、説明を割愛します。

オールインワン計算ツールの使い方

XM計算ツールの使い方

画像は、オールインワン計算ツールの入力欄で赤枠の入力項目を記入することで、必要証拠金やスワップ、ピップ値を求めることができます。

通貨換算ツールの使い方

通貨換算ツールの使い方

取引を行う上では、あまり利用することはないかもしれませんが、現在レートをもとに通貨の換金後の金額を算出することができます。

画像のように換金したい通貨を選択し、金額を入力することで換金額を計算できます。

損益計算ツールの使い方

XM損益計算ツールの使い方

損益計算はオールインワン計算ツールで求めることはできません。項目の説明は以下を参考にしてください。

  • オープン価格:エントリーする価格
  • 損切り価格:許容可能な損失額を記入
  • 利益確定価格:適当な利益額を記入
  • 取引タイプ:買いまたは売りを選択

画像を参考に入力項目を記入することで、損切りまたは利確されるレート、pips数を算出することができます。

まとめ

XMのロスカットについて、詳しく解説してきました。

XMのロスカット水準20%は国内・海外FX業界の中でも低い水準にあり、ロスカットされるまで比較的余裕を持ってトレードできることがわかりました。

長文になりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます。

無料でXMの口座開設をする
/約3分で完了\
知人の億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名限定】
無料EAの10月・9月の成績

億トレーダーが開発・運用中の自動売買ソフトを提供しています。完全無料なのでFX初心者の方でも負担なくプロ同等の資産運用できます。興味のある方はどうぞ。

  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 2020年8月の収支:¥441,029

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

XMの記事下CTA
  • 極めて高い約定力
  • 取引ボーナスなど豪華なボーナス
  • 金融ライセンス保持の信頼性
  • 最大レバレッジ888倍
  • ゼロカット対応
  • 海外FX業者の中で最大手