【2020年最新版】海外FX会社おすすめTOP7|評判や安全性も徹底比較

アイキャッチ画像

日本証券会社に対するレバレッジ規制から海外FX会社に注目が集まっています。

海外FX会社について調べたいという方には、以下のようなニーズがあるのではないでしょうか?

  • 海外FX会社の特徴を比較しながら見たい
  • 自分の目的にあった最適な海外FX会社を見つけたい
  • 信頼できない海外FX会社を利用したくない

今回はこの点を重視し、海外FXをランキング形式で紹介していければと思います。

外国人イラスト

国内証券会社はやっぱり追証があったり低レバレッジだったりするから、ゼロカット対応で高レバレッジの海外FX会社を利用したいデス!だけど企業数が多くて迷いマース!

編集室いぬいのプロフィール画像

海外FX会社によっては、かなり特徴が異なるので、「ボーナス重視」なのか「スプレッド重視」なのかなど自身の目的をはっきりさせておくのが、大切です。

海外FX会社おすすめ第1位:TitanFX

TitanFXのイメージ画像
取引環境ボーナススプレッド
NDD方式、ZeroPointテクノロジーなしSTP口座:やや狭い、ECN口座:とても狭い
取引ツール金融ライセンス口座タイプ
MT4/MT5VFSC(バヌアツ共和国金融当局)2種類
最大レバレッジ約定力ゼロカット
500倍高いあり
ロスカット水準通貨ペア日本語対応
証拠金維持率20%以下70種類以上
メリット
  • NDD方式で透明性の高い取引環境
  • スプレッドはXMよりも狭く業界最狭水準
  • バヌアツ共和国金融当局のライセンス保有
  • 最大レバレッジ500倍
  • 業界屈指の高スワップポイントの提供
  • 資金が分別管理されている
  • MT4とMT5に対応
  • MT4の指値・逆指値注文での値幅制限なし
  • 為替通貨に加え、株価指数・エネルギー・貴金属も取り扱い
  • 日本語サポートが充実
デメリット
  • ボーナスがない
  • 海外送金による入金・出金ができない

TitanFXのSNSなどの口コミの評価も参考にしてみましょう。

TitanFXの特徴

TitanFXの特徴

今では、日本人にもっとも有名な海外FX会社はXMですが、その前は「Pepperstone」が市場を台頭していました。その元経営者がTitanFXを設立した背景があります。

TitanFXは、ボーナスがない代わりにどの海外FX会社よりも取引環境の充実に力を入れています。独自に開発・発展したその取引インフラは「Zero Point」と呼ばれています。

実際に通信環境を整えるため、世界最大のデータセンターと呼ばれるニューヨークにある「Equinix」にサーバーを設置したり、顧客に最適なレート提供を行うためにリクイディティプロパイダー50社以上と提携しています。

また、バヌアツ共和国金融当局のライセンス取得に加え、運営歴の長さから安全性の高い海外FX会社と言えます。私自身もTitanFXを利用していますが、追証や出金拒否はもちろんありません。

要するに、純粋に優れた取引環境かつ狭いスプレッドで取引できるのが、TitanFXの魅力と言えます。

外国人イラスト

Amazing!ボーナスがなくても、やっぱり約定力や通信システムが優れているのは魅力的ダネ!その上スプレッドが狭いのもポイントでーす!

TitanFXおすすめのトレーダー:スキャルピングメインのトレーダー、公平な取引環境を利用したいトレーダー、短期トレーダー

業界最狭水準のスプレッド

TItanFXのスプレッド
通貨ペアスタンダード口座ブレード口座(往復手数料$7/ロットを加味)
USD/JPY1.33pips1.03pips
EUR/USD1.2pips0.9pips
GBP/JPY2.45pips2.15pips

TitanFXには、2種類の口座タイプがあります。1つは「STP方式のスタンダード口座」、もう1つが「ECN方式のブレード口座」です。

通常は、口座タイプごとに特徴が異なるのですが、TitanFXのスタンダード口座とブレード口座の違いは、スプレッドと取引手数料しかありません。

しかも、基本的にトータルコストはブレード口座の方が安いので、口座開設するならブレード口座がおすすめです。

TitanFXのスプレッドについては、「TitanFXのスプレッド一覧|FX/CFD・ブレード口座の海外FX業者比較」を参考にしてください。

STP方式とECN方式を簡単解説

FX会社経由でインターバンク市場に注文を通す際に、FX会社がスプレッドを上乗せして注文を出すのが「STP方式」。FX会社が取引手数料を取るのがECN方式と認識しておけばOKです。

TitanFXの評判や細かい取引環境については、関連記事の「TitanFXの評判・口コミ|長所短所17項目を徹底調査した結果…」を参考にしてください。

海外FX会社おすすめ第2位:XM

XMのイメージ画像
取引環境ボーナススプレッド
ディーリングデスク不在モデル3種類STP口座:若干広い、ECN口座:やや狭い
取引ツール金融ライセンス口座タイプ
MT4/MT5FSA(セーシェル金融庁)3種類
最大レバレッジ約定力ゼロカット
888倍高いあり
ロスカット水準通貨ペア日本語対応
証拠金維持率20%以下55種類以上
メリット
  • 3種類の豪華なボーナスがある
  • セーシェルの金融ライセンス保持
  • 世界に為替取引サービスを展開するグローバル企業
  • 最大レバレッジ888倍
  • 顧客資金の分別管理
  • MT4とMT5に対応
  • 日本語サポートが充実
  • 株価指数・貴金属・エネルギー・コモディティ商品の取り扱いあり
デメリット
  • スプレッドが若干広い
  • 残高200万以上でレバレッジ制限あり

XM(XMTrading)の特徴

XMの特徴

海外FX会社で日本人にもっとも地名度が高いのがXMです。

最大レバレッジ888倍に加えて、豪華なボーナスが特徴で少ない資金でも高いレバレッジでのトレードができるのが1つの魅力となっているようです。(おすすめはしませんが…)

10年以上の運営歴があり、FSA(セーシェル金融庁)の金融ライセンスを保有していて安全性も高いです。

また顧客の資金についても、経営とは別に管理されており、ライセンス保持者として第3者監査法人の監視のもと厳重に管理されています。

口座タイプは、「スタンダード口座」「ゼロ口座」「マイクロ口座」の3種類があります。

ボーナスを活用した取引をしたいならスタンダード口座、スプレッド重視ならゼロ口座、少額でもリアル環境で取引したい方はマイクロ口座と使い分けることができます。

口座タイプの詳しい特徴については、「XM口座タイプ3つを徹底比較|おすすめは?違いを比べてみた結果…」を参考にしてください。

編集室いぬいのプロフィール画像

私自身もボーナスを利用して取引をすることがありますが、リクオート出金拒否などのトラブルは一度もありません。どこにしようか判断に迷う場合は、XMで口座を開設するでも間違いありません。

XMおすすめのトレーダー:ボーナスを利用したハイレバトレードをしたい方・利用者の多い海外FX会社を利用したい方・中長期でのトレードがメインの方

XMのボーナスは国内証券会社では考えられない豪華さ

XMのボーナス

XMのボーナスの特徴について簡単に説明します。

XMのボーナスには「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」「ロイヤルティプログラム」の3種類のボーナスがあります。

口座開設ボーナスは、新規の顧客に対して付与されるボーナスで、基本的に1人1回しか受け取ることができません。

入金ボーナスは、入金額に応じて獲得のできるボーナスです。

XMの入金ボーナスは、「最大$500の入金に対して100%のボーナスを付与するもの」と「総額$4,500までの入金に対し、20%のボーナスを付与するもの」があります。

例えば、XMの取引口座に¥100,000の入金をすると

「100%×¥50,000」+「20%×¥50,000」=¥60,000分のボーナス
入金額と合わせると¥160,000の証拠金が取引口座にある状態になります。

外国人イラスト

Jesus Christ!入金するだけで総額50万円分のボーナスを貰えるなんてアメージングでーす!

最後のボーナスは、ロイヤルティプログラムです。ロイヤルティプログラムは、取引ごとに還元されるポイントで貯まれば、ボーナスや現金に交換することができます。

そのポイントは決して小さいものではなく、ランクが上がれば還元率も上がっていきます。

XMのボーナスについて詳しく知りたい方は、「XMのボーナス3種類を徹底解説|リセット・復活はある?出金可否も」を参考にしてください。また、XMというFX会社や評判については「XMの評判・口コミ|大丈夫?出金拒否と安全性&取引環境を徹底調査」でも詳細に解説しています。

無料でXMの口座開設をする
/約3分で完了\
知人の億トレーダーが開発・運用している
無料EA特別公開中【先着15名限定】
無料EAの10月・9月の成績

億トレーダーが開発・運用中の自動売買ソフトを提供しています。完全無料なのでFX初心者の方でも負担なくプロ同等の資産運用できます。興味のある方はどうぞ。

  • 億トレーダーが開発している本物のEA
  • 月利10%・勝率70%
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • サラリーマンなど副業に最適
  • 1日平均トレード回数:15回
  • 2020年8月の収支:¥441,029

\LINE友達追加で配布条件を簡単確認できます/


ID検索は「@887ljfja」

→無料EAの詳細はこちら

海外FX会社おすすめ第3位:Axiory

Axioryのイメージ画像
取引環境ボーナススプレッド
NDD方式年始などの特定日STP口座:狭い、ECN口座:とても狭い
取引ツール金融ライセンス口座タイプ
MT4/cTraderIFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)2種類
最大レバレッジ約定力ゼロカット
400倍高いあり
ロスカット水準通貨ペア日本語対応
証拠金維持率20%以下60種類以上
メリット
  • NDD方式で透明性の高さは業界随一
  • 約定スピード・スリッページの発生率などのデータを公開
  • 注目の取引ツール「cTrader」が使用できる
  • スプレッドは業界最狭水準・取引手数料も最安
  • 為替通貨に加え、株価指数・エネルギー・貴金属商品も取り扱い
  • 1件最大$20,000の損害保証あり
デメリット
  • 基本ボーナスなし
  • 最大レバレッジ400倍と若干低い
  • MT5は利用できない

Axioryの特徴

Axioryは、どこの海外FX会社よりも情報公開に積極的なFX会社で透明性はとても高いです。

約定スピードやスリッページ発生率などのデータを公開し、取引環境についてもNDD方式かつリクイディティプロパイダーを介して、最適なレートにて自動的に注文されることを明言しています。

NDD方式についてよくわからないという方は、関連記事の「DD方式・NDD方式の違い|有利なのはどっち?FX基礎知識」を参考にしてください。

またAxioryの口座タイプは「スタンダード口座」と「ナノスプレッド口座」の2種類があります。

スタンダード口座は、自動売買(EA)に対応している口座で、ナノスプレッド口座は取引手数料がかかるが総コストは抑えられる口座タイプです。

基本的にそれ以外の口座の特徴は、同じです。

ナノスプレッド口座の取引手数料は、1lot(10万通貨)あたり往復取引手数料$7と業界最安です。

簡単にスプレッドについても説明します。

通貨ペアスタンダード口座ナノスプレッド口座(往復取引手数料$6/ロットを加味)
USD/JPY1.3pips0.8pips
EUR/USD1.2pips0.6pips
GBP/JPY2.3pips2.1pips

Axioryのスプレッドについて、詳しく知りたい「Axioryのスプレッド一覧|FX/CFD・口座種別とリアルタイムデータ」を参考にしてください。

Axioryおすすめのトレーダー:スキャルピングや取引回数の多い方・プロと同等の取引環境を利用したい方・公平で透明性の高いFX会社を利用したい方

Axioryの資金管理と損害補填について

Axioryの資金管理と損害補填

顧客の資金は、経営とは切り離され分別管理されています。この資金をドーハ銀行から引き出すには、Axioryだけでなく第3者監査法人の許可も必要なので、厳重に管理されていることがわかります。

万が一、倒産した場合は「顧客の承諾」も必要になります。

他の海外FX会社にはない特徴として、損失の補填を保証している点です。

投資家とFX会社の紛争解決を目的とした組織「The Financial Commission」に加入しており、投資家がトラブルを団体に申告することで、調査が行われます。

Axioryに問題がある場合は、処分や規制を行います。この判断に従わない場合は、トラブル1件につき最大$20,000の損害の補填を「The Financial Commission」が行います。

外国人イラスト

ここまで透明性を実現している海外FXはそう多くはありませんネ!

この他、Axioryの評判や取引環境について詳しく知りたい場合には、「Axioryの評判・口コミ|優良?企業概要や信頼性など全15項総評」を参考にしてください。

海外FX会社おすすめ第4位:HotForex

HotForexのイメージ画像
取引環境ボーナススプレッド
NDD方式入金ボーナス&取引毎のキャッシュバックありSTP口座:やや狭い、ECN口座:狭い
取引ツール金融ライセンス口座タイプ
MT4/MT5セントビンセント・クレナディーン諸島etc6種類
最大レバレッジ約定力ゼロカット
1,000倍高いあり
ロスカット水準通貨ペア日本語対応
証拠金維持率10~20%以下50種類以上
メリット
  • NDD(ノーディーリングデスク)方式の取引方式
  • 目的に合わせて6種類の口座タイプが選択可能
  • 100%入金ボーナスと還元制度あり
  • 顧客資金の徹底管理と賠償保険に加入
  • 取引プラットフォームMT4/MT5の利用が可能
  • FX・CFD・仮想通貨・債券など160以上の銘柄を取り扱い
  • トレーディングコンテストなどのイベントを開催
デメリット
  • 入金・出金方法に海外送金なし
  • 円建て口座(JPY口座)がない
  • 入金額以上に損失が出るとボーナスは取り消しされる

HotForexはSNSでは、どのような意見があるのか見てみます。

HotForexの特徴

HotForexの特徴

XMが一番日本人に知名度のある海外FX会社になりましたが、海外の方にはXMよりもHotForexの方が人気があります。

HotForexのホームページの翻訳不足を見てもわかるように、HotForexが特に日本へのマーケティングに注力しているわけではありません。

HotForexは、XMと同等以上の大手企業で、海外FX会社の口コミサイトとして信頼性の高いForex Peace Armyでは「3.769点」とXMよりも高い評価を得ています。(XMは3.024点)

外国人イラスト

「Forex Peace Army」はFX会社によるステマの排除、詐欺業者にはSCAM認定に加え、FX会社と投資家の押し問答が見れるから参考になるんダヨ!(キリッ)

大手海外FX会社ですから顧客資金の管理や金融ライセンスの保持はしているので、信頼性は高いです。

取引環境についてはNDD方式での取引を可能とし、口座タイプによっては最大レバレッジ1,000倍からのトレードが可能です。

取引環境などは、基本的にXMと似ている部分がありますが、大きく違う点としては、HotForexがNDD(ノーディリングデスク)方式を採用している点です。

XMはディーリングデスク不在モデルで本来間にディーラーが入りますが、代わりにXMの独自システムが自動処理を行いトレーダーとの売買を行なっています。

この点から取引環境の透明性という観点からは、HotForexに軍配が上がりそうです。また、スプレッドもHotForexの方が基本的に狭いという特徴があります。

HotForexがおすすめのトレーダー:海外トレーダーの評価が高いFX会社を利用したい方・短期〜長期トレーダーの方・ハイレバトレードをしたい方・コンテストの賞金を狙いたい方

HotForexのボーナスは変わり者

HotForexのボーナスイメージ

HotForexのボーナスをXMやGemForexと同じものと認識している方にとっては、残念なお知らせになります。

ボーナスの種類は、「100%スーパーチャージボーナス」と「100%クレジットボーナス」の2種類に加え、ロイヤリティプログラムがあります。

100%スーパーチャージボーナス
「100%入金ボーナス(受取可能累計金額$50,000)」+「1lot取引毎に$2のキャッシュバック(受取可能累計金額$8,000)」
100%クレジットボーナス
「100%入金ボーナス(1つの取引口座の受取可能累計金額$30,000)」 + 「入金額($)の1/2ロットの取引でボーナス出金可能」
ロイヤリティプログラム
取引毎にhotforexバーを獲得し、現金や各サービスと交換可能

かなり豪華なボーナスなのですが、1点知っておかなければならない部分として、「100%スーパーチャージボーナス」と「100%クレジットボーナス」は含み損を含め、取引口座の証拠金がボーナスのみの状態になるとボーナスは全て無くなってしまうという点です。

これでは、ボーナスが証拠金としての意味を成しません。認識としては「コツコツ利益を上げれば後でボーナスが出金できるようになる」という認識で問題ありません。

HotForexのボーナスのルールや詳細について知りたい方は、「HotForexのボーナス徹底調査|100%入金ボーナス・消滅条件とルールも」を参考にしてください。

HotForexの評判やスプレッド、口座タイプごとの特徴について知りたい方は、「HotForexの評判全書|大手海外FX会社13のメリット・安全性徹底解説」を参考にしてください。

海外FX会社おすすめ第5位:FXGT

FXGTの特徴
取引環境ボーナススプレッド
開示なしあり(不定期キャンペーン開催)普通(USD/JPY1.6pips)
取引ツール金融ライセンス口座タイプ
MT5のみセーシェル金融庁(FSA)MT5口座のみ
最大レバレッジ約定力ゼロカット
500倍高いあり
ロスカット水準通貨ペア日本語対応
証拠金維持率50%以下49種類
メリット
  • 金融ライセンス保有
  • 100%入金ボーナスなど豪華なボーナスあり
  • 最低入金・出金額は$5から
  • FXGT側でかかる入金・出金手数料は全て無料
  • FX・仮想通貨・株価指数・株式・貴金属・エネルギーなど全129銘柄取り扱い
  • 顧客資金は分別管理
デメリット
  • 現状MT5口座(STP口座)のみ
  • 使用できる取引プラットフォームはMT5のみ
  • ロスカット水準が50%の点に注意

FXGTの特徴

FXGTの特徴

FXGTは、2019年12月16日に設立した新興企業ですが、関連会社に仮想通貨FX取引所として知られる「CryptoGT(クリプトGT)」の関連会社で、設立者のなかに「XM」の元役員がいるなど、将来性のある海外FX会社です。

最大レバレッジ500倍、ロスカット水準は50%なので高いレバレッジの取引には向きませんが、100%入金ボーナスを実施するなどボーナスが豪華なので、少ない資金からでもトレードを始めることができます。

FXGT側の入金・出金手数料が無料で、入金・出金額共に$5からなので、利用のしやすさは抜群です。

また、他の海外FX会社には少ない仮想通貨の取引にも力を入れているのも特徴です。

編集室いぬいのプロフィール画像

FXGTがXMを意識しているらしく、スプレッドはXMのスタンダード口座のスプレッドよりも「0.1pips」ほど狭いです。

デメリットとして口座タイプは、MT5口座(STP口座)のみで、使用できる取引プラットフォームもMT5のみなので、MT5を使ったことがない方には不便かもしれません。

FXGTおすすめのトレーダー:XMと近い環境で入金ボーナスを利用したい方・仮想通貨FXに投資したい方・中期から長期トレーダーの方

FXGTの仮想通貨FXについて

FXGTの仮想通貨FXについて

仮想通貨FXを扱っている海外FX会社はとても少なく、クリプトGTのノウハウを活かしているのもFXGTの強みと言えそうです。

FXGTの仮想通貨FXの銘柄は13種類あり、取引は365日24時間取引が可能です。

銘柄ごとの最低スプレッドの一部を紹介します。

銘柄最低スプレッド
BTC/JPY210
BTC/USD1.75
ETH/JPY9
ETH/USD0.08
XRP/JPY0.079
XRP/USD0.00071

BTC/JPYの最低スプレッド¥210はかなり小さい水準になります。

編集室いぬいのプロフィール画像

1万字超えてかなり長文になってきましたね。私もちょっと疲れてきたので、軽く休憩します。

FXGTの評判やさらに詳しい取引環境については、「FXGTの評判・口コミ|新興企業の安全性は?取引環境15項目を激調査」を参考にしてください。

海外FX会社おすすめ第6位:GemForex

GemForexのイメージ画像
取引環境ボーナススプレッド
DD方式あり(不定期キャンペーン開催)スタンダード口座:狭い、ノースプレッド口座:とても狭い
取引ツール金融ライセンス口座タイプ
MT4のみなし(FSPは登録あり)3種類
最大レバレッジ約定力ゼロカット
1,000倍普通あり
ロスカット水準通貨ペア日本語対応
証拠金維持率20%以下33種類
メリット
  • 100%入金ボーナスが豪華
  • スタンダード口座・ノースプレッド口座共にスプレッドが狭い
  • 最大レバレッジが1,000倍(5,000倍)
  • ロスカット水準が証拠金維持率20%以下
  • GemForex側の入金・出金手数料無料
デメリット
  • DD方式の海外FX会社の可能性大
  • FMAの金融ライセンス登録はなし
  • ボーナスがもらえるのは、スタンダード口座のみ
  • FX・CFD共に取扱商品が少ない

GemForexの特徴

GemForexの特徴

GemForexは、海外FX会社の中では珍しく、取締役の3人が日本人の和製海外FX会社であると言う特徴があります。

100%入金ボーナスなどのキャンペーンに加え、最大レバレッジが1,000倍などリスクリワードが大きくとれる投資家にとっては、1回の取引でもかなりの利益を出せるチャンスがあります。

ただしボーナスを受け取れるのは、スタンダード口座のみとなっています。GemForexのボーナスの詳しい説明は「GemForexのボーナスは業界No.1|入金ボーナス&口座開設ボーナス」を参考にしてください。

全体的にスプレッドも狭く、スプレッド重視の投資家にとっては利用の価値ありです。

ただ1点、少し気になる点があります。それはGemForexがDD(ディーリングデスク)方式の海外FX会社である可能性が高く、やや取引環境がブラックボックスな点です。

理由として、GemForexがNDD方式であれば、保有ロット数を30以下に制限する必要やレバレッジ5,000倍口座の含み益を100万円までに制限する必要がないからです。

顧客と利益が相反するDD方式であるからこそと一般的に予想されています。

外国人イラスト

To be honest(ぶっちゃけ),GemForexもDD方式であることをあまり隠そうとしていいない節がありますネ!

ただし、だからと言って使えない海外FX会社と言うことはできません。GemForexは2014年10月に設立され運営歴は6年近くになります。

これまで大きな出金トラブルなどもなく、私自身も何度も出金したりしていますが、出金されなかったことはありません。

ボーナスがとても豪華で最大レバレッジが1,000倍の国内証券会社と考えてもらえばわかりやすいかもしれませんね。

GemForexからの出金履歴

GemForexからの出金履歴

GemForexおすすめトレーダー:ボーナスを利用したハイレバトレードをしたい方・狭いスプレッドで取引したいスキャルピング〜短期のトレーダー

GemForexの300口座限定「レバレッジ5,000倍口座」

レバレッジ5,000倍口座のイメージ画像

他の海外FX会社にはない、GemForexならではの「レバレッジ5,000倍口座」が300口座限定で口座タイプに追加されました。

含み益が100万円を超えると強制決済されたり、ボーナスの対象外とデメリットはありますが、1lot(10万通貨)注文するのに必要な証拠金が圧倒的に少なくなります。

最大レバレッジ5,000倍と500倍を比較した例を見てみます。

1lotが10万通貨、ドル円レートが110円の時の必要証拠金

レバレッジ5000倍の口座:1lot(100,000通貨)/5000倍×110円=必要証拠金¥2,200

レバレッジ500倍の口座:1lot(100,000通貨)/5000倍×110円=必要証拠金¥22,000

計算からも分かるようにレバレッジ5,000倍口座は、¥2,200あれば1lot(10万通貨)のポジションを持つことが可能になります。

残念ながら2020年6月13日現在は、規定人数に達してしまったので、口座を開設することはできませんが、再募集する可能性は十分にあります。

編集室いぬいのプロフィール画像

同じ例を前提に、国内証券会社のレバレッジ25倍だと1lot(10万通貨)保有するためには、¥440,000必要になります。

この他GemForexの金融ライセンスについての詳細や評判については、「GemForexの評判・口コミを調査した結果|安全性&信頼性17項」を参考にしてください。

海外FX会社おすすめ第7位:is6com

is6comのイメージ画像
取引環境ボーナススプレッド
DD方式あり(不定期キャンペーン開催)スタンダード:普通、マイクロ口座:かなり広い
取引ツール金融ライセンス口座タイプ
MT4のみなし2種類
最大レバレッジ約定力ゼロカット
1,000倍普通あり
ロスカット水準通貨ペア日本語対応
証拠金維持率50%以下33種類
メリット
  • 100%入金ボーナスキャンペーンが豪華
  • 最大レバレッジが1,000倍
  • EA含めスキャルピングや両建てが可能
デメリット
  • 取引環境がDD方式の可能性大
  • マイクロ口座のスプレッドはかなり広い
  • 運営歴が2016年12月12日と浅い
  • 金融ライセンスなし
  • 月2回以上の出金には手数料がかかる
  • 通貨ペア33種類のみ取り扱い

is6comの特徴

is6comは2016年12月に創立された運営歴の浅い海外FX会社です。

基本的に最大レバレッジ1,000倍に加え、基本的に100%入金ボーナスと口座開設ボーナスを交互にキャンペーンを行っています。

取引環境としては、かなりGemForexに近いものがあります。特に知っておきたい点としては、ロスカット水準が50%でGemForexのノースプレッド口座のようにスプレッドの狭い口座がないということです。

またis6comは運営歴が浅く、金融ライセンスを保有していないので、信頼性の部分に疑問が残るのは事実です。

ただ、20,000の口座開設ボーナスや100%入金キャンペーンを行っていることもあり、1回の取引で大きなロットを張るというトレーダーの方には利用価値があると思います。

is6comおすすめのトレーダー:ボーナスを利用した取引をしたい方・口座開設ボーナスでお金を入金しないで取引をしたい方

is6comの出金拒否の有無や評判については、「is6comの評判・口コミがやばい|取引環境17項目を徹底調査」を参考にしてください。

まとめ

ここまで私がこれまで実際に使ったり、取引環境について社員の方に直接取材して聞いた一次情報を詰め込んできました。

自身が海外FX会社に何を望んでいるのか考えてみてください。

「ボーナスを活用して大きく利益を出したい」「狭いスプレッドでスキャルピングをしたい」「とにかく信頼できる海外FX会社を利用したい」など目的に合わせて選ぶことが大切です。

それらの情報を詰め込んで解説してきたつもりですので、参考にしていただければと思います。

編集室いぬいのプロフィール画像

紹介している海外FX会社は国内証券会社と違い、追証はなく、口座残高以上に損失が発生することはありません。